バックナンバー

  • 2018/04/05 (Thu) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第246号B
  • 2018/03/05 (Mon) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第245号B
  • 2018/02/05 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第244号B
  • 2018/02/05 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第244号B
  • 2018/01/05 (Fri) 13:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第243号B
  • 2017/12/05 (Tue) 13:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第242号B
  • 2017/11/05 (Sun) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第241号B
  • 2017/10/05 (Thu) 22:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第240号B
  • 2017/09/05 (Tue) 15:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第239号B
  • 2017/08/05 (Sat) 18:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第238号B
  • 2017/07/05 (Wed) 13:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第237号B
  • 2017/06/05 (Mon) 13:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第236号B
  • 2017/05/05 (Fri) 17:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第235号B
  • 2017/04/05 (Wed) 13:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第234号B
  • 2017/03/05 (Sun) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第233号B
  • 2017/02/05 (Sun) 21:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第232号B
  • 2017/01/05 (Thu) 15:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第231号B
  • 2016/12/05 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第230号B
  • 2016/11/05 (Sat) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第229号B
  • 2016/10/05 (Wed) 23:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第228号B
  • 2016/09/05 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第227号B
  • 2016/08/05 (Fri) 09:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第226号B
  • 2016/07/05 (Tue) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第225号B
  • 2016/06/05 (Sun) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第224号B
  • 2016/05/05 (Thu) 15:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第223号B
  • 2016/04/05 (Tue) 13:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第222号B
  • 2016/03/05 (Sat) 01:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第221号B
  • 2016/02/27 (Sat) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第220号B
  • 2016/02/05 (Fri) 09:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第219号B
  • 2016/01/30 (Sat) 09:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第218号B
  • 2016/01/05 (Tue) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第217号B
  • 2015/12/05 (Sat) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第216号B
  • 2015/11/05 (Thu) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第215号B
  • 2015/10/05 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第214号B
  • 2015/09/05 (Sat) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第213号B
  • 2015/08/05 (Wed) 13:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第212号B
  • 2015/07/06 (Mon) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第211号B
  • 2015/06/05 (Fri) 15:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第210号B
  • 2015/05/05 (Tue) 22:50
    プラネットクラブ★メールマガジン第209号B
  • 2015/04/05 (Sun) 23:55
    プラネットクラブ★メールマガジン第208号B
  • 2015/03/05 (Thu) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第207号B
  • 2015/02/05 (Thu) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第206号B
  • 2015/01/05 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第205号B
  • 2014/12/10 (Wed) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第204号B
  • 2014/11/10 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第203号B
  • 2014/10/10 (Fri) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第202号B
  • 2014/09/10 (Wed) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第201号B
  • 2014/08/10 (Sun) 14:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第200号B
  • 2014/07/10 (Thu) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第199号B
  • 2014/06/10 (Tue) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第198号B
  • 2014/05/05 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第197号
  • 2014/04/15 (Tue) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第196号b

プラネットクラブ★メールマガジン第244号B

2018/02/05 (Mon) 10:00
プラネットクラブ★メールマガジン第244号2月便
*********************************************************
このメールマガジンは、
NPO法人参画プラネットから名刺交換させていただいた方や
情報提供を希望されたみなさまに
お送りいたしております。
配信不要の方は、お手数ですがその旨お知らせください。
*********************************************************
立春とはいえ、まだまだ厳しい寒さが続きますね。

━━【目 次】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1)お知らせ:[フォーラム・イマージ]
2)お知らせ:実践研究所
3)映画、観たまんま:#35 あなたの旅立ち、綴ります
4)ブックナビ:『凄母(すごはは)あのワーキングマザーが「折れない」理由』

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆1)お知らせ:[フォーラム・イマージ]

2月、3月のフォーラム・イマージです。ご参加をお待ちしています。

開催日 2月15日(木)、3月1日(木)、15日(木)
時間  午後1時~午後8時(開催時間内は、いつでも入退出自由)
参加費 300円(1回につき)
対象  女性のみ
会場  フォーラムイマージ(名古屋市中区栄)

主催  NPO法人参画プラネット

問合せ NPO法人参画プラネット[フォーラム・イマージ]事務局
Tel & Fax:052-203-5171
E-mail:info@sankakudo.net

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆2)お知らせ:実践研究所

各人の研究テーマを持ち寄ってゼミ形式で行う実践研究所。
今月は、今後に向けての座談会をします。


日時  2月22日(木)午後6~8時
参加費 500円
会場  フォーラムイマージ(名古屋市中区栄)

主催  NPO法人参画プラネット

問合せ NPO法人参画プラネット実践研究所事務局
Tel & Fax:052-203-5171
E-mail:info@sankakudo.net

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆3)映画、観たまんま

監督も知らない、役者も知らない。
気分で選んで、観て感じたまんまをいけしゃぁしゃぁと映画評。
筆/上鵜瀬孝志
=============================
#35 あなたの旅立ち、綴ります/The Last Word

ビジネスで成功し裕福に暮らす、おひとりさまの老婦人ハリエット、81歳。
困ったことに彼女は、何事も意のままにならなければ気がすまず自己中心で手に負えない。
だが、心臓に病があり孤独と死への不安は隠せない。
そんな彼女、知り合いの訃報記事を目にして「こんな素晴らしい人ではなかったのに」と悪態をつく。
で、自分の訃報記事を生きているうちに書いてもらいたいと思いつき、地元の新聞社に依頼する。
担当にさせられたのは若い記者のアン。

アンは、常に高飛車な物言いのハリエットに辟易としながらも、依頼主のかつての仕事仲間や別れた夫、
つきあいのあった人たちを取材するが誰ひとりとして彼女のことをよく言わない。
アンとしては、どう賛嘆しようにもお悔やみらしく書けない。
やむなくそのままを原稿としてハリエットにわたす。

ハリエットは若い女優が演じているものと見紛うほど快活で、とうてい80歳代の様子ではない。
が、1934年生まれのシャーリー・マクレーンが演じていたのだ。
シャーリー・マクレーンの嫌われ婆さんは、アンの記事を読んで何を思ったのか、
最高の訃報記事にするために自分を変えるコトを決意する。
そして、誰からも親しまれるご婦人になっていくのだが、アカデミー主演女優賞を受賞した人だけあって、
思いやりと茶目っ気いっぱいのハリエットに変わっていく様は見事だ。

ところで、最高の訃報記事には4つの条件を満たす必要があり、ハリエットはそれらをクリアするために奔走する。
4つの条件は……
1.家族や友だちに愛されること
2.同僚から尊敬されること
3.誰かの人生によい影響を与えるような人物であること
4.記事の見出しになるような、人の記憶に残る特別な何かをやり遂げること
こうしてみてみると、生きるうえで誰にとっても参考になる項目ばかり。

条件をクリアする過程でアンと9歳のやんちゃな女の子ブレンダが加わり、
女三人の破天荒な出来事が繰り広げられることになる。
残りの人生をそれまでと180度転換しようとするハリエット、生きている間にどこまでクリアできるのか、
心臓病も気になる。

2018.1.22試写/S

2018年3月 全国ロードショー 名古屋/伏見ミリオン座
*************************************************************
上鵜瀬孝志
ホームページ http://kamiuse.com/
ブログ1「映画、観たまんま」 http://eiga2015.kamiuse.com/
ブログ2「言葉の揚げ足取り」http://kotoba2015.kamiuse.com/
*************************************************************

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆4)ブックナビ:凄母(すごはは)あのワーキングマザーが「折れない」理由
======================
『凄母(すごはは)あのワーキングマザーが「折れない」理由』
佐藤 留美著
(東洋経済新報社 2014年1月発行)
======================
タイトル「凄母」。すこし危うい感覚が過ぎる。
仕事をてきぱきと人並み以上にこなし、
育児も家事も両立するワーキングウーマン、
東洋経済オンライン人気連載「ワーキングマザー・サバイバル」を単行本化。
資生堂、日産、リクルート、ソフトバンク、LINEなど、
名の知れた大企業で働く11人の母たちの戦略に学べ、と表紙の文字がおどる。
「煽られてるなぁ」と感じ取りながら、読み始める。
「上野千鶴子先生、働く女は幸せですか?」も収録。
おっ、これはおもしろそう。

御多分に漏れず、母たちの凄い働き方が、
ジェットコースターに乗っているかのような
スリル感、スピード感を思い出させて、
読み手のテンションを高めてくれる。
書き手の佐藤留美さんの、軽快でリズム感に富んだ文章が、
その高まりに一層拍車をかけてくれる。

文中、コラムに目が留まる。
『凄母とて、自分の力だけで凄母になっているのではない。
ある意味、凄母は作られるもの。環境要因も大きいのだ。
もっとも、彼女らをただの「運がいい人」の一言で片づけたり、
指をくわえて僻んでいるのも、嫌な話だ。
「子どもを預けてまでする仕事」を面白く、
実りあるものにするためには、
まずは自ら環境を変える努力をすることが有効だ。』

凄母だけでなく、周りで支えるすべての人たちあってのこと。
母11人、読み終えると、ここに主人公として登場しない
凄母の周りの人たちの凄さがわかる。
学ぶのは、彼女たちの持つマネジメント力と、
コミュニケーションスキルだと感じた。

最後に日本のフェミニズムを牽引してきた上野さんのインタビューが収録されている
「なぜ、日本のワーキングマザーは、辛いのか?」
この問いに対する答えを読めば、
あなたもあなたの周りも明るく照らされるかもしれない。
自ら環境を変える努力とともに、いつでも始められる。
(堀 紀美子)

*********************************************************
[発行] 特定非営利活動法人参画プラネット
名古屋市中区栄一丁目7番26号801
Tel & Fax:052-203-5171 E-mail:info@sankakudo.net
URL http://sankakudo.net
*********************************************************
メールマガジン配信解除/アドレス変更:E-mailでご連絡下さい
無断転写を禁止いたします。