バックナンバー

  • 2017/12/05 (Tue) 13:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第242号B
  • 2017/11/05 (Sun) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第241号B
  • 2017/10/05 (Thu) 22:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第240号B
  • 2017/09/05 (Tue) 15:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第239号B
  • 2017/08/05 (Sat) 18:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第238号B
  • 2017/07/05 (Wed) 13:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第237号B
  • 2017/06/05 (Mon) 13:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第236号B
  • 2017/05/05 (Fri) 17:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第235号B
  • 2017/04/05 (Wed) 13:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第234号B
  • 2017/03/05 (Sun) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第233号B
  • 2017/02/05 (Sun) 21:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第232号B
  • 2017/01/05 (Thu) 15:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第231号B
  • 2016/12/05 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第230号B
  • 2016/11/05 (Sat) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第229号B
  • 2016/10/05 (Wed) 23:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第228号B
  • 2016/09/05 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第227号B
  • 2016/08/05 (Fri) 09:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第226号B
  • 2016/07/05 (Tue) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第225号B
  • 2016/06/05 (Sun) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第224号B
  • 2016/05/05 (Thu) 15:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第223号B
  • 2016/04/05 (Tue) 13:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第222号B
  • 2016/03/05 (Sat) 01:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第221号B
  • 2016/02/27 (Sat) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第220号B
  • 2016/02/05 (Fri) 09:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第219号B
  • 2016/01/30 (Sat) 09:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第218号B
  • 2016/01/05 (Tue) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第217号B
  • 2015/12/05 (Sat) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第216号B
  • 2015/11/05 (Thu) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第215号B
  • 2015/10/05 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第214号B
  • 2015/09/05 (Sat) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第213号B
  • 2015/08/05 (Wed) 13:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第212号B
  • 2015/07/06 (Mon) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第211号B
  • 2015/06/05 (Fri) 15:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第210号B
  • 2015/05/05 (Tue) 22:50
    プラネットクラブ★メールマガジン第209号B
  • 2015/04/05 (Sun) 23:55
    プラネットクラブ★メールマガジン第208号B
  • 2015/03/05 (Thu) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第207号B
  • 2015/02/05 (Thu) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第206号B
  • 2015/01/05 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第205号B
  • 2014/12/10 (Wed) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第204号B
  • 2014/11/10 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第203号B
  • 2014/10/10 (Fri) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第202号B
  • 2014/09/10 (Wed) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第201号B
  • 2014/08/10 (Sun) 14:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第200号B
  • 2014/07/10 (Thu) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第199号B
  • 2014/06/10 (Tue) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第198号B
  • 2014/05/05 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第197号
  • 2014/04/15 (Tue) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第196号b

プラネットクラブ★メールマガジン第242号B

2017/12/05 (Tue) 13:00
プラネットクラブ★メールマガジン第242号12月便
*********************************************************
このメールマガジンは、
NPO法人参画プラネットから名刺交換させていただいた方や
情報提供を希望されたみなさまに
お送りいたしております。
配信不要の方は、お手数ですがその旨お知らせください。
*********************************************************
今年はどんな1年でしたか?

━━【目 次】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1)お知らせ:ピアノコンサート「陽の当たらなかった女性作曲家たち」
2)お知らせ:フォーラムイマージ
3)お知らせ:実践研究所
4)お知らせ:読書会@あいち
5)映画、観たまんま:#33ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命
6)ブックナビ:『熱風(GHIBLI) 2017年11月号』

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆1)お知らせ:ピアノコンサート「陽の当たらなかった女性作曲家たち」

「女性作曲家」に光をあてたピアノコンサートです。
今年の夏に盛岡、新潟でも開催し、好評いただいています。
感想の動画をご覧いただけます↓↓↓
https://wan.or.jp/article/show/7547

<演奏とお話>
ピアニスト 石本裕子さん(札幌市出身、ブダペスト在住。
NYジュリアード音楽院にてバルトークの高弟ジョージ・シャンドール氏に師事。
バルトークを初め、ハンガリー作品を数多く学ぶ。
WANサイト(http://wan.or.jp)にて、
エッセイ「陽の当たらなかった女性作曲家たち」を好評連載中。

【名古屋会場】
・日 時  2018年1月13日(土)午後1時30分開演 (午後1時開場)
・会 場  名古屋西文化小劇場(地下鉄鶴舞線「浄心」徒歩3分)
・料金  1000円

【四日市会場】
・日 時  2018年1月14日(土)午後1時30分開演 (午後1時開場)
・会 場  四日市地域総合会館あさけプラザ(JR富田駅下車)
・料金  1000円

【申し込み】日付、会場名、参加者氏名、連絡先を明記のうえ、
「女性作曲家たち」コンサート事務局まで
  電話 052-203-5171
  Eメール womenpiano@gmail.com

【主 催】「陽の当たらなかった女性作曲家たち」コンサート実行委員会
【共 催】 NPO法人参画プラネット
     認定NPO法人ウィメンズアクションネットワーク

★このコンサートは、認定NPO法人ウィメンズアクションネットワークによる
WAN基金の助成をうけて実施しています。

コンサートの詳細はこちらから↓↓↓
http://plannet.sankakudo.net/?eid=1620870

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆2)お知らせ:[フォーラム・イマージ]

12月、2018年1月のフォーラム・イマージの開催日をお知らせします。

開催日 12月7日、21日、2018年1月18日(木)
時間  午後1時~午後8時(開催時間内は、いつでも入退出自由)

参加費 300円(1回につき)
対象  女性のみ
会場  フォーラムイマージ(名古屋市中区栄)

主催  NPO法人参画プラネット

問合せ NPO法人参画プラネット[フォーラム・イマージ]事務局
Tel & Fax:052-203-5171
E-mail:info@sankakudo.net

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆3)お知らせ:実践研究所

各人の研究テーマを持ち寄ってゼミ形式で行う実践研究所。
12月は校外学習です。

===========================
ライブトーク『「新聞のチカラ ー 女たちの葛藤」
~はじまりは、新聞!葛藤から活動へ』

日時 12月14日(木)午後6時30分
会場 愛知県立大学サテライトキャンパス(ウインクあいち15階)
参加費 参加費:1,000円(WAN会員無料)

朝日新聞愛知版での特集「女たちの葛藤」(2017年9月12日~16日、9月25日)に
登場した方々を招聘し、女性たちが抱える葛藤について社会的な視点で捉え、
今後の課題を明らかにしていきます。

コメンテーター:上野千鶴子さん、朝日新聞記者の小若理恵さん
コーディネーター:渋谷典子
パネリスト:森智香子さん、大竹かおりさん、松尾千尋さん

詳細は、こちらのサイトから ↓↓↓
https://wan.or.jp/calendar/detail/4836 

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆4)お知らせ:読書会@あいち

校外学習にでかけます。

くわしくは、上記「 2)お知らせ:実践研究所」をご参照ください。

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆5)映画、観たまんま

監督も知らない、役者も知らない。
気分で選んで、観て感じたまんまをいけしゃぁしゃぁと映画評。
筆/上鵜瀬孝志
=============================
#33 ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命/The Zookeeper’s Wife

あまりにも辛すぎる。
ナチス・ドイツ軍の蛮行に怒りを覚えない人はいないだろう。
しかし、これこそが戦争であるということを肝に銘じておかなければならない。
人を殺さない戦争はないわけで、死なないまでも確実に人間は壊れてしまう。

1939年9月、ドイツがポーランドに侵攻。第二次世界大戦が始まる。
ヤンとアントニーナ夫妻が運営する動物園の上空に、
鳥の群れを思わすドイツ軍戦闘機が現われ、容赦なく爆弾を落とす。
……
もうこの先のストーリーはむごすぎて書けやしない。
思い出すに辛さが甦る。

無慈悲な行いで、人間が悲惨な状況に刻々と追い込まれていく実態。
それでも、目を背けてはいけない。
ゲットー(ユダヤ人強制居住区)で行われていたこと、
そこから貨物列車で絶滅収容所へ移送させられる幼子たちの無邪気な振る舞い、
老婆に銃口を向け、容赦なく撃ち殺すドイツ兵、
アントニーナにも迫る命の危機、……、……、

試写を終えてしばらくは動けなかった。
どうにか奮い立ち,外に出るとクリスマス・イルミネーションが目に映った。
「はぁ~っ」と息を吐く、我に還ることができた。

とにかく、一人でも多くの人に観てもらいたい。
そうそう、最後にはとっておきの感動が用意されているし…
確かに辛いが、知っておかなければならない真実の物語である。

2017.11.7試写/

2017年12月15日TOHOシネマズ スカラ座、ほか公開 名古屋/伏見ミリオン座、ほか
*************************************************************
上鵜瀬孝志
ホームページ http://kamiuse.com/
ブログ1「映画、観たまんま」 http://eiga2015.kamiuse.com/
ブログ2「言葉の揚げ足取り」http://kotoba2015.kamiuse.com/
*************************************************************

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆6)ブックナビ:『熱風(GHIBLI) 2017年11月号』
======================
『熱風(GHIBLI) 2017年11月号』
特集 座談会 経産省 次官・若手プロジェクト
「不安な個人、立ちすくむ国家」をめぐって

上野千鶴子ほか 著
株式会社スタジオジブリ(2017年11月発行 非売品)
======================
『ある政策提言書が、話題を呼んでいる。
「不安な個人、立ちすくむ国家~モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか~」。
65ページにわたるこの文書は、5月(2017)に公表されるや
SNSを通じて一気に拡散。賛否を巻き起こしながら、
これまでに140万ダウンロードを記録。
行政文書としては異例の“大ヒット”となった。』(まえがきp.3)

「不安な個人、立ちすくむ国家」をめぐって、座談会の様子が収録されている。
出席者は、社会学者 団塊世代の上野千鶴子さん、
社会学者 小熊英二さん、ロスジェネに新卒となった団塊ジュニアの雨宮処凛さん、
経産省プロジェクトメンバーから、 
須賀さん(37歳)、植木さん(31歳)、今村さん(27歳)の3人。
召集したのは、スタジオジブリ鈴木敏夫さん。
「風の谷のナウシカ」、「となりのトトロ」、
「もののけ姫」などアニメーションを手掛ける、
あのスタジオジブリが月刊で小冊子「熱風」を出版している。非売品。

去る2017年11月5日、東洋学園大学にて、シリーズとしては第2弾となる
「団塊ジュニアのおカネと老後のシンポジウム」が開催された。
そのなかで、上野さんが「あのジブリが出している小冊子」と「熱風」を紹介。
取り扱いのある書店に問い合わせ、さっそく手に入れた。

世代に縛られることなく、ひとり一人さまざまな生き方を
選択することができる個人に対して、なにができるかを、
経産省の20代、30代の30人が命を受けてフォーマルに作成した。
資料の発表後、100件以上のヒアリングを重ねるなか、
具体策がないとの批判もあったが、「いいと思いますよ」
「いっしょに何かできるといいですね」と言われたが
それ以上の継続的な深い議論にならずに終わってしまうことがほとんどとのこと。
「今日は、聞きたかった話がやっと聞けたという感想です。」(本文p.39)
出席者が続けてきた現場に即した、年齢も性別も、
生きている環境もさまざまな人々の現実の姿を、ヒアリングできたという。

プロジェクトは発表が終わりではなく、はじまりなのだ。
これからは「もうお約束はない」政府に期待することなく、
どう関わって育ち合い、手を取り合って支え合い、生きていくかを考える。
多様な個人が参画し実現する豊かな社会のために。
ジブリ出版部のサイト
http://www.ghibli.jp/shuppan/np/
(堀紀美子)

*********************************************************
[発行] 特定非営利活動法人参画プラネット
名古屋市中区栄一丁目7番26号801
Tel & Fax:052-203-5171 E-mail:info@sankakudo.net
URL http://sankakudo.net
*********************************************************
メールマガジン配信解除/アドレス変更:E-mailでご連絡下さい
無断転写を禁止いたします。