バックナンバー

  • 2017/11/05 (Sun) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第241号B
  • 2017/10/05 (Thu) 22:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第240号B
  • 2017/09/05 (Tue) 15:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第239号B
  • 2017/08/05 (Sat) 18:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第238号B
  • 2017/07/05 (Wed) 13:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第237号B
  • 2017/06/05 (Mon) 13:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第236号B
  • 2017/05/05 (Fri) 17:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第235号B
  • 2017/04/05 (Wed) 13:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第234号B
  • 2017/03/05 (Sun) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第233号B
  • 2017/02/05 (Sun) 21:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第232号B
  • 2017/01/05 (Thu) 15:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第231号B
  • 2016/12/05 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第230号B
  • 2016/11/05 (Sat) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第229号B
  • 2016/10/05 (Wed) 23:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第228号B
  • 2016/09/05 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第227号B
  • 2016/08/05 (Fri) 09:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第226号B
  • 2016/07/05 (Tue) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第225号B
  • 2016/06/05 (Sun) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第224号B
  • 2016/05/05 (Thu) 15:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第223号B
  • 2016/04/05 (Tue) 13:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第222号B
  • 2016/03/05 (Sat) 01:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第221号B
  • 2016/02/27 (Sat) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第220号B
  • 2016/02/05 (Fri) 09:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第219号B
  • 2016/01/30 (Sat) 09:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第218号B
  • 2016/01/05 (Tue) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第217号B
  • 2015/12/05 (Sat) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第216号B
  • 2015/11/05 (Thu) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第215号B
  • 2015/10/05 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第214号B
  • 2015/09/05 (Sat) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第213号B
  • 2015/08/05 (Wed) 13:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第212号B
  • 2015/07/06 (Mon) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第211号B
  • 2015/06/05 (Fri) 15:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第210号B
  • 2015/05/05 (Tue) 22:50
    プラネットクラブ★メールマガジン第209号B
  • 2015/04/05 (Sun) 23:55
    プラネットクラブ★メールマガジン第208号B
  • 2015/03/05 (Thu) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第207号B
  • 2015/02/05 (Thu) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第206号B
  • 2015/01/05 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第205号B
  • 2014/12/10 (Wed) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第204号B
  • 2014/11/10 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第203号B
  • 2014/10/10 (Fri) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第202号B
  • 2014/09/10 (Wed) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第201号B
  • 2014/08/10 (Sun) 14:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第200号B
  • 2014/07/10 (Thu) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第199号B
  • 2014/06/10 (Tue) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第198号B
  • 2014/05/05 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第197号
  • 2014/04/15 (Tue) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第196号b

プラネットクラブ★メールマガジン第241号B

2017/11/05 (Sun) 10:00
プラネットクラブ★メールマガジン第241号11月便
*********************************************************
このメールマガジンは、
NPO法人参画プラネットから名刺交換させていただいた方や
情報提供を希望されたみなさまに
お送りいたしております。
配信不要の方は、お手数ですがその旨お知らせください。
*********************************************************
読書、芸術、文化、活動の秋!楽しみがいっぱいです。

━━【目 次】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1)お知らせ:[フォーラム・イマージ]
2)お知らせ:実践研究所
3)お知らせ:読書会@あいち
4)お知らせ:ピアノコンサート
5)映画、観たまんま:#32 はじまりの街/La Vita Possibile
6)ブックナビ:『また、身の下相談にお答えします』

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆1)お知らせ:[フォーラム・イマージ]

11月、12月のフォーラム・イマージの開催日をお知らせします。

開催日 11月16日、12月7日、21日(木)
時間  午後1時~午後8時(開催時間内は、いつでも入退出自由)

参加費 300円(1回につき)
対象  女性のみ
会場  フォーラムイマージ(名古屋市中区栄)

主催  NPO法人参画プラネット

問合せ NPO法人参画プラネット[フォーラム・イマージ]事務局
Tel & Fax:052-203-5171
E-mail:info@sankakudo.net

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆2)お知らせ:実践研究所

各人の研究テーマを持ち寄ってゼミ形式で行う実践研究所。
11月は、ディーセント・ワーク「届ける講座」に参加します。

===========================
人間らしく、働きたい!わたしたちのディーセント・ワーク宣言!

【プログラム】
第1部 基調講演:ワークルール(労働法)および
ディーセント・ワークの概念を学びます。

講師:渋谷典子(NPO法人参画プラネット代表理事、
   認定NPO法人ウィメンズアクションネットワーク副理事長)

第2部 ワークショップとディスカッション:

日時  11月18日(土)午前9時30分~11時45分
会場  ウィルあいち(愛知県女性総合センター)セミナールーム6
参加費 500円(資料代)

主催:NPO法人参画プラネット
共催:認定NPO法人ウィメンズアクションネットワーク(WAN)
   チーム=ディーセント・ワーク
   ウィルあいちフェスタ、あいち男女共同参画財団

申込み NPO法人参画プラネット
E-mail:sankaku@comet.ocn.ne.jp
Tel:052-203-5171

ウィルあいちフェスタの詳細はこちら↓↓↓
http://www.aichi-dks.or.jp/image/pdf/2017festa.pdf

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆3)お知らせ:読書会@あいち

11月は、ディーセント・ワーク「届ける講座」に参加します。

11月18日(土)愛知県女性総合センターで開催されるウィルあいちフェスタ。
参加イベントのひとつ『ディーセント・ワーク「届ける講座」』に
実践研究所のみなさんとともに参加します。

くわしくは、上記「2)お知らせ:実践研究所」をご参照ください。

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆4)お知らせ:ピアノコンサート「陽の当たらなかった女性作曲家たち」

2018年1月13日(土)、14日(日)にピアノコンサートを共催します。

WANサイト( http://wan.or.jp )に連載された石本裕子さんの
エッセイ「陽の当たらなかった女性作曲家たち」の作品を集めたコンサートです。

演奏とお話:石本裕子さん(ハンガリー在住 ピアニスト)

【名古屋会場】
・日 時  2018年1月13日(土)午後1時30分開演 (午後1時開場)
・会 場  名古屋西文化小劇場(地下鉄鶴舞線「浄心」徒歩3分)
・料金  1000円

【四日市会場】
・日 時  2018年1月14日(土)午後1時30分開演 (午後1時開場)
・会 場  四日市地域総合会館あさけプラザ(JR富田駅下車)
・料金  1000円

【申し込み】日付、会場名、参加者氏名、連絡先を明記のうえ、
「女性作曲家たち」コンサート事務局まで
  電話 052-203-5171
  Eメール womenpiano☆gmail.com (☆を@に変えて送信してください)

【主 催】「陽の当たらなかった女性作曲家たち」コンサート実行委員会
【共 催】 NPO法人参画プラネット
     認定NPO法人ウィメンズアクションネットワーク

★このコンサートは、認定NPO法人ウィメンズアクションネットワークによる
WAN基金の助成をうけて実施しています。

コンサートの詳細はこちらから↓↓↓
http://plannet.sankakudo.net/?eid=1620870

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆5)映画、観たまんま

監督も知らない、役者も知らない。
気分で選んで、観て感じたまんまをいけしゃぁしゃぁと映画評。
筆/上鵜瀬孝志
=============================
#32 はじまりの街/La Vita Possibile

日々の暮らし。その継続によって人生は、像を成す。
時に、問題が起きても解決のないままに日々の暮らしは、容赦なく次の頁をめくる。
そうした繰り返しにいつしか馴れてしまい、問題は遠ざかったかのように思え、過去に追いやられてしまう。
問題は、消えてはいない。しかし、人は、それを乗り越えてしまう。時間を要するが。
………この作品を観終えて、問題の乗り越え方を暗示された気がする。

友だちとサッカーの話しをしながら家に帰ったヴァレリオ(13歳)は、父の毋に対するDV行為を目撃してしまう。
あまりもの衝撃と恐怖に立ちすくんで何もできない。
毋アンナは、ヴァレリオを連れ、ローマから親友カルラを頼ってトリノへ逃げる。
彼女は、ひとり住まい。二人を快く招き入れ、はじまる暮らしに期待もする。

三人それぞれの日々は、とりあえずはじまる。
DV問題は置き去りのままだから、父は、息子に会いたいと執拗に要求してくるし、
反省の言葉を並べ、元の家族へ、つまり過去を取り戻したいと迫る。
ヴァレリオは、思春期まっ盛り。
馴染めない地で友だちもできず、閉じこもる部屋すらないと荒れる。
垣間見える大人たちの振る舞いも許せない。反抗はすべて毋に向かう。

観ていて、やるせない思いが募る。三人の日々は、壊れてしまうのではないか。

唯一の救いは、トリノの街の情景にある。
監督は、35mmフィルムを用いることで街の空気感を見事に映し出した。
デジタルでは表わせない奥深さと微妙な動きをたいせつにしたという。
監督の狙いは、確かにわかる。往年のイタリア映画の趣きを感じるし、トリノの暮らし感が染み伝わってくる。
だからこそ、この街で毋子の暮らしがうまくいって欲しいと思いも膨らむのだが、
ストーリーには変わりなくハラハラさせられてしまう。

いよいよラスト。
幸いにも絶妙なエンディングが用意されていた。
『007ゴールドフィンガー』のテーマ曲を歌う、シャーリー・バッシーの名曲“This is My Life”に託されたメッセージだ。
彼女が響くように歌い上げる 「♪……それが、人生」

何があろうと目の前の日々「それが、人生」。三人に教えられた。

2017.10.11試写

2017年10月28日(土)岩波ホールほか、全国順次ロードショー 名古屋/11月4日(土)名演小劇場
*************************************************************
上鵜瀬孝志
ホームページ http://kamiuse.com/
ブログ1「映画、観たまんま」 http://eiga2015.kamiuse.com/
ブログ2「言葉の揚げ足取り」http://kotoba2015.kamiuse.com/
*************************************************************

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆6)ブックナビ:『世代の痛み 団塊ジュニアから団塊への質問状』
======================
『世代の痛み 団塊ジュニアから団塊への質問状』
上野千鶴子、雨宮処凛 著
(中公新書ラクレ 2017年10月発行)
======================
『団塊ジュニアは40代を迎え、団塊世代は老いた。』(まえがきp.3)

1975年生まれ、作家であり活動家である雨宮処凛さんの抱える痛み、
1948年生まれ上野千鶴子さんの抱えてきた痛み、
それぞれを持ち寄って語り合う。
団塊世代と団塊ジュニアが生きてきた社会の風景は、大きく様変わりした。

『団塊ジュニアの貧困や生きづらさは、人災だとわたしは考えています。
人災を変えるには、政治を変えるしかない。』(本文p.212)
戦後から現在までの日本を取り巻く世界は、
言うまでもなく刻一刻と変化し続けている。
その変化のなかで世代ごと、一様に生き苦しさを感じている。
そんな、生きづらさ、生き苦しさを、先人たちが声を上げ、
目の前のことを一つ一つ、変えるために動いてきた。
思いを共有した人はつながり、伝え合い、変化を起こしていく。
時代が、すっぽりとあなたを包み込み、
がんじがらめに思考停止をさせようとしても、
それを痛みだと感じるのなら、
小さなことでもその時が変わる機会なのだ。

あなたの目に何が映り、耳にはどんなメッセージとして聞こえてくるだろう。
この本を手にしたその時のあなたが、必要としているもの、こと。
それを選び取るチカラを、すでにあなたは持っていることを信じていてほしい。
(堀 紀美子)
*********************************************************
[発行] 特定非営利活動法人参画プラネット
名古屋市中区栄一丁目7番26号801
Tel & Fax:052-203-5171 E-mail:info@sankakudo.net
URL http://sankakudo.net
*********************************************************
メールマガジン配信解除/アドレス変更:E-mailでご連絡下さい
無断転写を禁止いたします。