バックナンバー

  • 2017/10/05 (Thu) 22:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第240号B
  • 2017/09/05 (Tue) 15:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第239号B
  • 2017/08/05 (Sat) 18:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第238号B
  • 2017/07/05 (Wed) 13:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第237号B
  • 2017/06/05 (Mon) 13:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第236号B
  • 2017/05/05 (Fri) 17:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第235号B
  • 2017/04/05 (Wed) 13:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第234号B
  • 2017/03/05 (Sun) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第233号B
  • 2017/02/05 (Sun) 21:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第232号B
  • 2017/01/05 (Thu) 15:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第231号B
  • 2016/12/05 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第230号B
  • 2016/11/05 (Sat) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第229号B
  • 2016/10/05 (Wed) 23:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第228号B
  • 2016/09/05 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第227号B
  • 2016/08/05 (Fri) 09:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第226号B
  • 2016/07/05 (Tue) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第225号B
  • 2016/06/05 (Sun) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第224号B
  • 2016/05/05 (Thu) 15:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第223号B
  • 2016/04/05 (Tue) 13:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第222号B
  • 2016/03/05 (Sat) 01:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第221号B
  • 2016/02/27 (Sat) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第220号B
  • 2016/02/05 (Fri) 09:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第219号B
  • 2016/01/30 (Sat) 09:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第218号B
  • 2016/01/05 (Tue) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第217号B
  • 2015/12/05 (Sat) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第216号B
  • 2015/11/05 (Thu) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第215号B
  • 2015/10/05 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第214号B
  • 2015/09/05 (Sat) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第213号B
  • 2015/08/05 (Wed) 13:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第212号B
  • 2015/07/06 (Mon) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第211号B
  • 2015/06/05 (Fri) 15:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第210号B
  • 2015/05/05 (Tue) 22:50
    プラネットクラブ★メールマガジン第209号B
  • 2015/04/05 (Sun) 23:55
    プラネットクラブ★メールマガジン第208号B
  • 2015/03/05 (Thu) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第207号B
  • 2015/02/05 (Thu) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第206号B
  • 2015/01/05 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第205号B
  • 2014/12/10 (Wed) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第204号B
  • 2014/11/10 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第203号B
  • 2014/10/10 (Fri) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第202号B
  • 2014/09/10 (Wed) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第201号B
  • 2014/08/10 (Sun) 14:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第200号B
  • 2014/07/10 (Thu) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第199号B
  • 2014/06/10 (Tue) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第198号B
  • 2014/05/05 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第197号
  • 2014/04/15 (Tue) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第196号b

プラネットクラブ★メールマガジン第216号B

2015/12/05 (Sat) 10:00
プラネットクラブ★メールマガジン第216号12月便
*********************************************************
このメールマガジンは、
NPO法人参画プラネットから名刺交換させていただいた方や
情報提供を希望されたみなさまに
お送りいたしております。
配信不要の方は、お手数ですがその旨お知らせください。
***********************************************************
今年も残すところ1か月。今年の目標は達成できましたか?

━━【目 次】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1)お知らせ:11月12月の[フォーラム・イマージ]
2)お知らせ:「わたしたちがつくる!ディーセントワーク」プロジェクト
3)お知らせ:実践研究所
4)お知らせ:読書会
5)映画、観たまんま:♯09妻の病 -レビー小体型認知症-
6)ブックナビ:『ケアのカリスマたち 看取りを支えるプロフェッショナル』

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆1)お知らせ:[フォーラム・イマージ]

12月、来年1月のフォーラム・イマージです。ご参加をお待ちしています。

開催日 12月17日(木)、1月7日(木)、21日(木)
時間  午前10時~午後8時(開催時間内は、いつでも入退出自由)
参加費 300円(1回につき)
対象  女性のみ
会場  フォーラムイマージ(名古屋市中区栄)

主催  NPO法人参画プラネット

問合せ NPO法人参画プラネット[フォーラム・イマージ]事務局
Tel & Fax:052-203-5171
E-mail:info@sankakudo.net

★名古屋市社会福祉協議会地域福祉リーディングモデル助成事業

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆2)お知らせ:「わたしたちがつくる!ディーセントワーク」プロジェクト

ディーセント・ワークとは、
「働きがいのある人間らしい仕事」です。
2月、3月と連続で、「ディーセント・ワーク」をテーマに
フォーラムを開催します。

●第1回「女性ならではの労働問題を考える」

男女雇用機会均等法、パートタイム労働法などの
課題やさまざまなハラスメントなど、
女性ならではの労働問題を取り上げ、
その歴史と現在の課題についてトーク。
その後、ワールドカフェで一人ひとりの思いと考えを表し、
全体でディスカッション、そして提案へ!

日時  2016年2月6日(土)午後1時~4時30分 
会場  ウィルあいち セミナールーム1・2
参加費 500円
講師
・大脇雅子(弁護士、元参議院議員)
 運動家として、一人の女性として、
労働分野における女性差別との闘いを継続。

・圷由美子(弁護士) 
 マタハラ問題を主軸に、
「どんなステージでも生き生きと人間らしく
 働き続けられる職場改革」を目指す。

チラシダウンロード(PDF)
http://sankakudo.net/project&report/decentwork/fly_dw.pdf

主催  NPO法人参画プラネット

問合せ NPO法人参画プラネット[ディーセントワーク]事務局
Tel & Fax:052-203-5171
E-mail:info@sankakudo.net

関連URL
http://sankakudo.net/project&report/decentwork/decentwork.html

★きんとう基金助成事業

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆2)お知らせ:実践研究所

各人の研究テーマを持ち寄ってゼミ形式で行う実践研究所。
1月までは「わたしたちがつくる!ディーセントワーク」プロジェクトと連携して
「ディーセント・ワーク」をテーマに行っています。

日時  12月10日(木)午後6~8時
参加費 500円
会場  フォーラムイマージ(名古屋市中区栄)

主催  NPO法人参画プラネット

問合せ NPO法人参画プラネット実践研究所事務局
Tel & Fax:052-203-5171
E-mail:info@sankakudo.net

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆3)お知らせ:読書会@あいち

課題図書をテキストに、参画型読書会を開催します。
題材『人権としてのディーセント・ワーク』
 
日時  12月12日(土)午後1時~4時
参加費 500円 
対象  女性のみ
会場  フォーラムイマージ(名古屋市中区栄)

主催  NPO法人参画プラネット

問合せ NPO法人参画プラネット読書会@あいち事務局
Tel & Fax:052-203-5171
E-mail:info@sankakudo.net

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆4)映画、観たまんま

監督も知らない、役者も知らない。
気分で選んで、観て感じたまんまをいけしゃぁしゃぁと映画評。
筆/上鵜瀬孝志
=============================
♯09 
妻の病 -レビー小体型認知症-

「こんなことになるとは思わなかった」。夫:浩市の言葉がズシンと来る。
誰だって妻が認知症になるなどとは想定していないだろうから。わたしも、そうであるが。
でも、浩市の妻:弥生は、10年前に統合失調症と診断され、
3年後にレビー小体型認知症であることが判明した。
それから今日に至るまで、夫婦の生きる闘いが続いている。

近ごろ固有名詞をことごとく思い出せなくなり、
“認知症”の前兆ではないかと怖くなる、わたしである。
そう、“認知症”に関する知識もなく。
で、このたびの作品を観るに及んで、
何かしらの知識やヒントを得られるのではと予想したのだが。
実は、作品は病気の状況もさることながら、夫婦で“共に生きる”ということを掘り下げて、
こうした状況に置かれたらあなたはどうする?と、常に問いかけてくるのである。
それを、浩市と自分とを照らし合わせながら、
夫として思い、考え、また自らに問うということとなり、こころを揺らす。

この作品には、ドキュメンタリーだからこその強さがある。
同様のテーマをドラマとして描いた場合、
認知症を患った妻の所作など、演出のもとに表現されることになる。
となると、過剰な演出になりかねない。
認知症の妻が歌を口ずさんだり、スキップしてみせるシーンは、
つくりごとではないかと天の邪鬼のわたしは勘ぐってしまう。
夫のよく笑うシーンも無理矢理辛さを隠さんがための芝居かとも。

浩市は、「こんなことになるとは思わなかった」という言葉に続けて、
「わからないから面白い」「だから生きるんだ」と語る。
これも、ドラマであればあざとい台詞と感じるが。

そして、持病である「軽いうつ」とも闘い、
10年間も妻を支え続け「この体験を次につなげたい」と、思いも響く。
浩市の気持ちは、素直に受け入れられる。
思わぬ出来事に対峙して“生きる”覚悟のような力を得た、気もする。

2015.11.24試写

2015年12月19日(土)ロードショー 名古屋:名演小劇場
*その他
東京/11月21日(土)~12月4日(金) 新宿K's cinema
大阪/11月28日(土)~ シアターセブン
横浜/12月12日(土)~ ジャック&ベティ
山形/112月12日(土)~12月18日(金) フォーラム山形
《上映予定》静岡/浜松シネマイーラ 広島/横川シネマ 金沢/シネモンド 新潟/シネウィンド
*************************************************************
上鵜瀬孝志
ホームページ http://kamiuse.com/
ブログ1「映画、観たまんま」 http://eiga2015.kamiuse.com/
ブログ2「言葉の揚げ足取り」http://kotoba2015.kamiuse.com/
*************************************************************

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆5)ブックナビ:『ケアのカリスマたち 
        看取りを支えるプロフェッショナル』
======================
『ケアのカリスマたち 看取りを支えるプロフェッショナル』
上野千鶴子 著
(亜紀書房 2015年3月発行)
======================
みなさんは「看取り士」という言葉を聞いたことがあるだろうか。

先日、知人から「いきたひ(生死)」という映画を観てきた」と話を聞いた。
「柴田久美子さん。看取り士というお仕事をされている人なんだよ。」と。
「あれ?看取り士?どこかで見た気がする。」と思い、
その日、ちょうど手に入れた「ケアのカリスマたち」の表紙にかかる帯を見た。
そこに、柴田久美子さんの名前。思わず鳥肌が立つ。
こういう偶然?必然?というものがあるんだなぁと思った。
知人はその映画にとても感動したと話した。

そんな引き寄せがあった柴田久美子さんとの対談も、この本に収められている。
上野さんも最近の著書のなかで、『死に方を考える時代へ』と、時代の変化を語っている。
少し前までは、「死」に関する言葉を口にすることは、「縁起でもない」と
忌み嫌われていたが、こうしたタブーが解かれつつある時代になってきた、と。

「死亡率100%」上野さんの著書の中にあった言葉を思い出し、
先出の知人に告げると、知人は笑っていた。
わたしが上野さんの大好きなところ。
センシティブな問題のなかでも、ユーモアは忘れないところ。
いや、ユーモアいっぱいのところである。

生まれた以上、人は必ず死ぬ。
どんな死に方がしたいかは、希望どおりにはならないかもしれないけれど、
ケアのカリスマたちの実践に心を寄せると、
波だった水面がすぅーっと静まり穏やかになった気がした。
「誰もやったことのない分野に足を踏み入れ、
自分の智恵と工夫で道を切り拓いてきたパイオニア」である看取りを支えるプロたちに、
逢いに行ってみてはいかがだろう。
(堀 紀美子)
**********************************************
[発行] 特定非営利活動法人参画プラネット
名古屋市中区栄一丁目7番26号801
Tel & Fax:052-203-5171 E-mail:info@sankakudo.net
URL http://sankakudo.net
*********************************************************
メールマガジン配信解除/アドレス変更:E-mailでご連絡下さい
無断転写を禁止いたします。