バックナンバー

  • 2017/05/05 (Fri) 17:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第235号B
  • 2017/04/05 (Wed) 13:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第234号B
  • 2017/03/05 (Sun) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第233号B
  • 2017/02/05 (Sun) 21:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第232号B
  • 2017/01/05 (Thu) 15:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第231号B
  • 2016/12/05 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第230号B
  • 2016/11/05 (Sat) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第229号B
  • 2016/10/05 (Wed) 23:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第228号B
  • 2016/09/05 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第227号B
  • 2016/08/05 (Fri) 09:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第226号B
  • 2016/07/05 (Tue) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第225号B
  • 2016/06/05 (Sun) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第224号B
  • 2016/05/05 (Thu) 15:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第223号B
  • 2016/04/05 (Tue) 13:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第222号B
  • 2016/03/05 (Sat) 01:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第221号B
  • 2016/02/27 (Sat) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第220号B
  • 2016/02/05 (Fri) 09:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第219号B
  • 2016/01/30 (Sat) 09:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第218号B
  • 2016/01/05 (Tue) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第217号B
  • 2015/12/05 (Sat) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第216号B
  • 2015/11/05 (Thu) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第215号B
  • 2015/10/05 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第214号B
  • 2015/09/05 (Sat) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第213号B
  • 2015/08/05 (Wed) 13:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第212号B
  • 2015/07/06 (Mon) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第211号B
  • 2015/06/05 (Fri) 15:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第210号B
  • 2015/05/05 (Tue) 22:50
    プラネットクラブ★メールマガジン第209号B
  • 2015/04/05 (Sun) 23:55
    プラネットクラブ★メールマガジン第208号B
  • 2015/03/05 (Thu) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第207号B
  • 2015/02/05 (Thu) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第206号B
  • 2015/01/05 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第205号B
  • 2014/12/10 (Wed) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第204号B
  • 2014/11/10 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第203号B
  • 2014/10/10 (Fri) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第202号B
  • 2014/09/10 (Wed) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第201号B
  • 2014/08/10 (Sun) 14:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第200号B
  • 2014/07/10 (Thu) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第199号B
  • 2014/06/10 (Tue) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第198号B
  • 2014/05/05 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第197号
  • 2014/04/15 (Tue) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第196号b

プラネットクラブ★メールマガジン第198号B

2014/06/10 (Tue) 12:00
プラネットクラブ★メールマガジン第198号6月便
*********************************************************
このメールマガジンは、
NPO法人参画プラネットから名刺交換させていただいた方や
情報提供を希望されたみなさまに
お送りいたしております。
配信不要の方は、お手数ですがその旨お知らせください。
*********************************************************
紫陽花が色づく季節です!雨の日もまた楽しい。

━━【目 次】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1)お知らせ:[フォーラム・イマージ]
2)報告:女性学講座オフ会
3)ブログ「参画堂日記」より:前へ。少しずつ!ぜひ、ご一緒に★
4)ブックナビ

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆1)お知らせ:[フォーラム・イマージ]

その「とき」、ごいっしょに

働く女性、働きたい女性は、毎日が「とき」「とき」でいっぱいですね。
その「とき」をわたしたちにお聞かせください。
チャレンジしたくなった「とき」。
何かを発見したい「とき」。
困りごとがある「とき」。
希望を失いかけた「とき」。
どこかに出かけたくなった「とき」。
うれしいことがあった「とき」も。
あなたの、その「とき」をいっしょに話し、考え、よろこび、何とかしたい……
さあ、ごいっしょに。

開催日 6月19日(木)、7月3日(木)、17日(木)
時間  午前10時~午後8時(開催時間内は、いつでも入退出自由)
参加費 300円(1回につき)
対象  女性のみ
会場  フォーラムイマージ(名古屋市中区栄)

主催  NPO法人参画プラネット

問合せ NPO法人参画プラネット[フォーラム・イマージ]事務局
Tel & Fax:052-203-5171
E-mail:info@sankakudo.net

★名古屋市社会福祉協議会地域福祉リーディングモデル助成事業

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆2)報告:女性学講座オフ会

認定NPO法人ウィメンズアクションネットワーク(WAN)と共催で
講師に上野千鶴子さんをお迎えして女性学講座オフ会を開催しました。
講座の一部は動画で配信しています。

WAN女性学講座オフ会『女たちのサバイバル作戦』
http://net.wan.or.jp/koza/?cat=4

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆3)ブログ「参画堂日記」より:前へ。少しずつ!ぜひ、ご一緒に★

あっという間に、6月。
お元気でお過ごしでしょうか。

2014年3月!指定管理者事業を卒業し、
「ほっと一息つける」と思っていました。
まず、気持ちの面では、ひとつ区切りがついたところですが…。
参画プラネットの活動は…
おかげさまで!軽やかに拡がりをもって展開しています。

参画プラネットの事業の柱は、8本です。

(1)管理運営事業
認定NPO法人ウィメンズアクションネットワーク
(WAN:上野千鶴子さんが理事長)の法人業務を引き受けています。
http://wan.or.jp/

(2)男女共同参画推進事業
全国各地の自治体、企業、大学、団体等から、
講師の依頼と講座等の企画運営への協力依頼が届いています。

(3)女性の活躍支援事業
居場所づくり「フォーラム・イマージ」
…毎月第一木曜日と第三木曜日に開催しています。
http://plannet.sankakudo.net/?eid=1620809



★続きは、参画堂日記「さざなみ日記(渋谷典子)」へ↓↓↓
http://plannet.sankakudo.net/?eid=1620816

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆4)ブックナビ:
==================
『現在知Vol.1 郊外 その危機と再生』
編者 三浦 展・藤村龍至
NHK出版(2013年4月発行)
==================
本書に掲載されている「郊外住宅地を考えるブックリスト」の中に、
『家族を容れるハコ家族を超えるハコ』(上野千鶴子著・平凡社、2002年)がある。

『家は「家族を容れるハコ」であり、家に住んでいる人びとのことを、
家族と呼ぶ。ハコに住む人間は、変化・成長・衰退している家族である。
想起すべき課題は、この家族の変化に柔軟に対応する住宅が
そろそろ登場してもよい頃でしょう』と
上野さんは前出の著書のなかで、指し示していた。

団塊世代が、郊外にマイホーム=一軒家をもつ夢を見て戦ったかつての地は、
人口減少・高齢化という問題も絡み、
日本社会の抱える問題が集中的に現れる場となった。
20年後、30年後を見据えて、郊外をどうしていくべきか。
本書には、すでに実践されている具体例やその実践を理論化した論文、
さらに今後の新しい夢のある郊外の提案も盛り込まれている。 

新しい「夢」のある、と表現されている郊外の提案だが、
上野さんのそれは、『―前略―こんな言い方はなんだけど、
ダメージを最低限に抑えて、地域にも安楽死を考えてもらわないと
いけない時代なんです。いまの日本は。』(本文p.122)と手厳しい。
2002年から11年の時がながれ、迎えた現在、
変化・成長・衰退する家族に求められる仕掛けとは何か。

日本の再生は、郊外をどうしていくかに係っている。
未来を探るためにできること、それは、いま・ここにしかない。
(堀 紀美子)

*********************************************************
[発行] 特定非営利活動法人参画プラネット
名古屋市中区栄一丁目7番26号801
Tel & Fax:052-203-5171 E-mail:info@sankakudo.net
URL http://sankakudo.net
*********************************************************
メールマガジン配信解除/アドレス変更:E-mailでご連絡下さい
無断転写を禁止いたします。。