バックナンバー

  • 2017/05/05 (Fri) 17:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第235号B
  • 2017/04/05 (Wed) 13:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第234号B
  • 2017/03/05 (Sun) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第233号B
  • 2017/02/05 (Sun) 21:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第232号B
  • 2017/01/05 (Thu) 15:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第231号B
  • 2016/12/05 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第230号B
  • 2016/11/05 (Sat) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第229号B
  • 2016/10/05 (Wed) 23:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第228号B
  • 2016/09/05 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第227号B
  • 2016/08/05 (Fri) 09:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第226号B
  • 2016/07/05 (Tue) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第225号B
  • 2016/06/05 (Sun) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第224号B
  • 2016/05/05 (Thu) 15:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第223号B
  • 2016/04/05 (Tue) 13:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第222号B
  • 2016/03/05 (Sat) 01:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第221号B
  • 2016/02/27 (Sat) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第220号B
  • 2016/02/05 (Fri) 09:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第219号B
  • 2016/01/30 (Sat) 09:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第218号B
  • 2016/01/05 (Tue) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第217号B
  • 2015/12/05 (Sat) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第216号B
  • 2015/11/05 (Thu) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第215号B
  • 2015/10/05 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第214号B
  • 2015/09/05 (Sat) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第213号B
  • 2015/08/05 (Wed) 13:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第212号B
  • 2015/07/06 (Mon) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第211号B
  • 2015/06/05 (Fri) 15:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第210号B
  • 2015/05/05 (Tue) 22:50
    プラネットクラブ★メールマガジン第209号B
  • 2015/04/05 (Sun) 23:55
    プラネットクラブ★メールマガジン第208号B
  • 2015/03/05 (Thu) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第207号B
  • 2015/02/05 (Thu) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第206号B
  • 2015/01/05 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第205号B
  • 2014/12/10 (Wed) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第204号B
  • 2014/11/10 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第203号B
  • 2014/10/10 (Fri) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第202号B
  • 2014/09/10 (Wed) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第201号B
  • 2014/08/10 (Sun) 14:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第200号B
  • 2014/07/10 (Thu) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第199号B
  • 2014/06/10 (Tue) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第198号B
  • 2014/05/05 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第197号
  • 2014/04/15 (Tue) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第196号b

プラネットクラブ★メールマガジン第197号

2014/05/05 (Mon) 10:00
プラネットクラブ★メールマガジン第197号 5月便
*********************************************************
このメールマガジンは、
NPO法人参画プラネットから名刺交換させていただいた方や
情報提供を希望されたみなさまに
お送りいたしております。
配信不要の方は、お手数ですがその旨お知らせください。
*********************************************************
ゴールデンウィーク、いかがお過ごしでしたか。

━━【目 次】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1)お知らせ:女性学講座オフ会@愛知
2)お知らせ:[フォーラム・イマージ]
3)ラクラク気功
4)ブックナビ

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆お知らせ:女性学講座オフ会@愛知

認定NPO法人ウィメンズアクションネットワーク(WAN)と共催で
女性学講座オフ会@愛知を開催します。

「About Under 40」@愛知の女性たちが集まり、
『女たちのサバイバル作戦』(上野千鶴子著、文春新書、2013年)の読書会を
2月から4月までの4日間…合計16時間!マラソンのようにじっくりと続けてきました。
「About Under 40」@愛知の女性たちから、
上野千鶴子さんへの問いを集めて、WAN女性学講座オフ会@愛知を開催します。

日時:2014年5月10日(土)午後6時~午後8時30分
会場:ウイルあいち 愛知県女性総合センター セミナールーム6
参加費:1,000円
対象:認定NPO法人ウイメンズアクションネットワーク(WAN)会員
   <当日、会員申込の受付も可能です>

詳しくは、WANサイトへ↓↓↓
http://net.wan.or.jp/koza/?p=246

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆2)お知らせ:[フォーラム・イマージ]

その「とき」、ごいっしょに

働く女性、働きたい女性は、毎日が「とき」「とき」でいっぱいですね。
その「とき」をわたしたちにお聞かせください。
チャレンジしたくなった「とき」。
何かを発見したい「とき」。
困りごとがある「とき」。
希望を失いかけた「とき」。
どこかに出かけたくなった「とき」。
うれしいことがあった「とき」も。
あなたの、その「とき」をいっしょに話し、考え、よろこび、何とかしたい……
さあ、ごいっしょに。

開催日 5月15日(木)、6月5日(木)、19日(木)
時間  午前10時~午後8時(開催時間内は、いつでも入退出自由)
参加費 300円(1回につき)
対象  女性のみ
主催  NPO法人参画プラネット

問合せ NPO法人参画プラネット[フォーラム・イマージ]事務局
Tel & Fax:052-203-5171
E-mail:info@sankakudo.net

★名古屋市社会福祉協議会地域福祉リーディングモデル助成事業

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆3)ラクラク気功~その(25)

【少しチェンジ!します】
気功整体をご紹介する記事を書かせていただき、丸2年となりました。
今回からスタイルを新たに、カラダとココロに関するテーマを綴っていきます。

(今月のポイント)
☆肩甲骨周り、手三里、足三里
春は身体を緩める方向性を持っていて、
4月は緩みのピークといった感じでした。
5月になると一度身体が引締まる方向に、
6月は夏の身体へと移っていきます。
首・肩、肩甲骨周りにコリを感じる場合は、
(1)右手を左の脇の下に入れ、背中側の筋肉を指先でそっと押し
(2)ゆっくりと手の力を抜く、を2-3回繰り返します。
手三里と足三里の反応もまだ強いので使ってみてください。
いわゆる「体育座り」をすると、ちょうどポイントにあたります。
首~肩がさらに緩みやすく、不安感の解消にも使えます。

☆笑いの効用☆
前から聞いたことがあった「ラフター(笑い)ヨガ」。
先日初めて参加して、その奥深さにはまりました。
ヨガといっても、笑いながらヨガのポーズとるのではありません。
冗談もユーモアもなしに、ただ笑うのです。
最初は作り笑いだったのが、皆で笑っているうちに
だんだん本気で笑えてきてしまいます。
笑うことで、普段使わないお腹や顔の筋肉をすごく使います。
呼吸も自然に深くなるので酸素も取り入れらますし、血行も改善します。
笑いのエクササイズは結構な運動量がありますので、
カラダが軽くなってリフレッシュします。
血圧や血糖値が下がるなど効果バツグンだそうです。
薬を飲むよりずっといいですよね。
日常生活で笑えることを待っているより、
積極的に笑っていく方がいい感じ。
名古屋でも、もちろん全国でも定期的に開催されていますよ。
http://laughteryoga.jp/

塚田 恵(いきいきからだほぐしの会代表、
    精神保健福祉士、元女性センター相談員)

☆毎月気功クラスを開講中です。
詳しくは、いきいきからだほぐしの会ブログ
http://ikiikikara.exblog.jp/ 
◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆4)ブックナビ:
==================
『上野千鶴子の選憲論』
著者 上野千鶴子 
集英社(2014年4月発行)
==================
『原発事故で、わたしたちは「おまかせ民主主義」に
深いふかい反省をしたはずです。
憲法については、「おまかせ民主主義」の危険はもっと大きいでしょう。
何より、わたしたちは主権者なのですから。』(p.179)

わたしたちの日本国憲法は誕生して68歳を迎えた。
「護憲」、「改憲」、そしてもう一つの選択肢が「選憲」。
戦後生まれが人口の四分の三以上を占めた今日、
憲法をもう一度選びなおすという選択肢が
あってもよいのではないか、と上野さんは提案する。
できてから70年近く経つのに、
手づかずのままの憲法は諸外国にもめったにないそうだ。
「おまかせ民主主義」とならないよう、
私たち一人一人が今の憲法を選びなおす。

『わたしは主権者の一人です。
主権者の一人として、主権者の権利を拡大してほしいと思います。
ですから、代議制民主主義だけでなく、
住民投票や国民投票のような市民の政治参加の機会は、
ないよりあるほうがよいと思います。
そのなかでもし愚かな選択をしたとしても、
それでも主権者の権利は、大きいほどよいと思います。』P.149

わたしは一時期、民主主義が愚かな選択をするくらいなら、
正しい一人のリーダーの裁量に委ねてしまう方が
良い結果を導き出せるのではないか、と思っていたことがあった。
でも、上野さんに教えられた。説得されたようだ。

『まちがう権利も主権者の権利のひとつです。
正しい独裁よりは、集団の試行錯誤こそが、民主主義の基本だからです。
わたしたちはわたしたち自身の経験から学ばなければなりません。』(p.128)

本書に収められている、上野さんが好きだという「琉球共和社会憲法C私(試)案」。
沖縄県生まれの詩人である川満信一さんが書かれた憲法草案である。
その前文がこころの琴線にふれる。
いま、憲法を選びなおす時、その拠り所に据えたいものを教えてくれた気がした。
(堀 紀美子)
*********************************************************
[発行] 特定非営利活動法人参画プラネット
名古屋市中区栄一丁目7番26号801
Tel & Fax:052-203-5171 E-mail:info@sankakudo.net
URL http://sankakudo.net
*********************************************************
メールマガジン配信解除/アドレス変更:E-mailでご連絡下さい
無断転写を禁止いたします。