バックナンバー

  • 2018/05/06 (Sun) 20:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第247号B
  • 2018/04/05 (Thu) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第246号B
  • 2018/03/05 (Mon) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第245号B
  • 2018/02/05 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第244号B
  • 2018/02/05 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第244号B
  • 2018/01/05 (Fri) 13:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第243号B
  • 2017/12/05 (Tue) 13:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第242号B
  • 2017/11/05 (Sun) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第241号B
  • 2017/10/05 (Thu) 22:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第240号B
  • 2017/09/05 (Tue) 15:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第239号B
  • 2017/08/05 (Sat) 18:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第238号B
  • 2017/07/05 (Wed) 13:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第237号B
  • 2017/06/05 (Mon) 13:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第236号B
  • 2017/05/05 (Fri) 17:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第235号B
  • 2017/04/05 (Wed) 13:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第234号B
  • 2017/03/05 (Sun) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第233号B
  • 2017/02/05 (Sun) 21:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第232号B
  • 2017/01/05 (Thu) 15:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第231号B
  • 2016/12/05 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第230号B
  • 2016/11/05 (Sat) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第229号B
  • 2016/10/05 (Wed) 23:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第228号B
  • 2016/09/05 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第227号B
  • 2016/08/05 (Fri) 09:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第226号B
  • 2016/07/05 (Tue) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第225号B
  • 2016/06/05 (Sun) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第224号B
  • 2016/05/05 (Thu) 15:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第223号B
  • 2016/04/05 (Tue) 13:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第222号B
  • 2016/03/05 (Sat) 01:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第221号B
  • 2016/02/27 (Sat) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第220号B
  • 2016/02/05 (Fri) 09:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第219号B
  • 2016/01/30 (Sat) 09:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第218号B
  • 2016/01/05 (Tue) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第217号B
  • 2015/12/05 (Sat) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第216号B
  • 2015/11/05 (Thu) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第215号B
  • 2015/10/05 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第214号B
  • 2015/09/05 (Sat) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第213号B
  • 2015/08/05 (Wed) 13:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第212号B
  • 2015/07/06 (Mon) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第211号B
  • 2015/06/05 (Fri) 15:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第210号B
  • 2015/05/05 (Tue) 22:50
    プラネットクラブ★メールマガジン第209号B
  • 2015/04/05 (Sun) 23:55
    プラネットクラブ★メールマガジン第208号B
  • 2015/03/05 (Thu) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第207号B
  • 2015/02/05 (Thu) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第206号B
  • 2015/01/05 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第205号B
  • 2014/12/10 (Wed) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第204号B
  • 2014/11/10 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第203号B
  • 2014/10/10 (Fri) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第202号B
  • 2014/09/10 (Wed) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第201号B
  • 2014/08/10 (Sun) 14:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第200号B
  • 2014/07/10 (Thu) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第199号B
  • 2014/06/10 (Tue) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第198号B
  • 2014/05/05 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第197号
  • 2014/04/15 (Tue) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第196号b

プラネットクラブ★メールマガジン第247号B

2018/05/06 (Sun) 20:00
プラネットクラブ★メールマガジン第247号5月便
*********************************************************
このメールマガジンは、
NPO法人参画プラネットから名刺交換させていただいた方や
情報提供を希望されたみなさまに
お送りいたしております。
配信不要の方は、お手数ですがその旨お知らせください。
*********************************************************
大型連休も終わり。リフレッシュできましたか?

━━【目 次】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1)お知らせ:[フォーラム・イマージ]
2)お知らせ:実践研究所
3)お知らせ:読書会
4)映画、観たまんま:#38 サバービコン 仮面を被った街
5)ブックナビ:『『ジェンダー研究を継承する』』

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆1)お知らせ:[フォーラム・イマージ]

5月、6月のフォーラムイマージです。ご参加をお待ちしています。

開催日 5月17日、6月7日、21日(木)
時間  午後1時~午後8時(開催時間内は、いつでも入退出自由)

参加費 300円(1回につき)
対象  女性のみ
会場  フォーラムイマージ(名古屋市中区栄)

主催  NPO法人参画プラネット

問合せ NPO法人参画プラネット[フォーラム・イマージ]事務局
Tel & Fax:052-203-5171
E-mail:info@sankakudo.net


◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆2)お知らせ:実践研究所

各人の研究テーマを持ち寄ってゼミ形式で行う実践研究所。
今年はメンバーの実践報告をラウンドテーブルで行います。

日時  5月24日(木)午後6~8時
参加費 500円
会場  フォーラムイマージ(名古屋市中区栄)

主催  NPO法人参画プラネット

問合せ NPO法人参画プラネット実践研究所事務局
Tel & Fax:052-203-5171
E-mail:info@sankakudo.net

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆3)お知らせ:読書会@あいち

課題図書をテキストに、参画型読書会を開催します。

テーマ書籍が決まりました。
読書会の時間を前半と後半に区切って、2冊を読み進めます。

(1)『日本のフェミニズム』北原みのり責任編集 2017年河出書房新社
(2)『AI vs 教科書が読めない子どもたち』新井紀子 2018年東洋経済新報社

日時 5月12日(土)午後1時~4時
参加費 500円
対象  女性のみ
会場  フォーラムイマージ(名古屋市中区栄)

主催  NPO法人参画プラネット  

読書会についての問合せ 
NPO法人参画プラネット読書会@あいち事務局
Tel & Fax:052-203-5171
E-mail:info@sankakudo.net

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆4)映画、観たまんま

監督も知らない、役者も知らない。
気分で選んで、観て感じたまんまをいけしゃぁしゃぁと映画評。
筆/上鵜瀬孝志
=============================
#38 サバービコン 仮面を被った街/SUBURBICON

1950年代のニュータウンが舞台である。
街の名は、作品のタイトルでもある「サバービコン」。
あこがれの暮らしを実現するインフラも充実した、アメリカン・ドリームの街。
とうぜん、笑顔にあふれた明るいファミリードラマが繰り広げられているはずであったが、
隣り合う家族に起きた二つの出来事は、今日まで続くアメリカの病巣をえぐり出し、
人間誰もが秘める醜さをさらけ出してしまった。

ひとつの出来事は、人種差別暴動だ。
「サバービコン」の白人コミュニティに、黒人一家が越して来た。
すると白人たちは、ただちに黒人排除の行動に出る。
これは、1950年代に起きた実際の暴動に基づくモチーフである。
どこかの大統領のように、高い壁で家を囲み、外から見えないようにしてしまう。
さらに騒音の嫌がらせだ。自分たちもうるさいだろうに、老いも若きも寄ってたかっての呆れた行動を続ける。
もうひとつは、そのお隣りに押込み強盗が侵入し殺人事件が発生。
その後も、犯人に毋を殺された少年の身近で、次々とひとが死んでいくではないか。
少年にしてみれば、大人たちは、みんな怪しく信じられない。父も、おばさんも。

二つの出来事には関連がなく異質であり、それが並行して描き出されるために違和感を覚える。
これが制作者の狙いであることは、ラストの二人の少年のキャッチボールが意味深く
実によく計算された巧みな構成に感心する。

味付けもいい。
いずれの出来事も暗く重く、ニュータウンとは真逆の夢を打ち砕く内容であるにも関わらず
全編にシニカルのスパイスが効き、オセロゲームのように優勢と劣勢がリズミカルに交差し滑稽で
それゆえに、人間の醜さ、愚かさ、自分ファーストの幼稚さ、情けなさが浮彫りにされるのだろう。
そうそう、ヒッチコックのスパイスも隠し味になっているに違いない。

余談になるが、50年代のアメ車が多彩に登場し旧車ファンにはたまらないだろう。
ファッションや家電製品も忠実に選択したとあって、これらも見逃せない。

さらに余談を。タイトルの「サバービコン」では、作品の内容をイメージできない。
そこで「ニュータウン・クライシス」を提案したいのだが、誰に向かって言えばいいのやら?

2018.4.12試写/C

2018年5月4日(金)TOHOシネマズ日比谷、他全国ロードショー 名古屋/TOHOシネマズ名古屋ベイシティ、他
*************************************************************
上鵜瀬孝志
ホームページ http://kamiuse.com/
ブログ1「映画、観たまんま」 http://eiga2015.kamiuse.com/
ブログ2「言葉の揚げ足取り」http://kotoba2015.kamiuse.com/
*************************************************************

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆5)ブックナビ:『ジェンダー研究を継承する』
======================
『ジェンダー研究を継承する』
佐藤文香・伊藤るり 編
(人文書院 2017年10月発行)
======================
「わたしの経験」において、
生きづらさから行き詰まり、やるせなさから怒りとして、
その経験をことばに表し、世の中に問いを投げかける。
そのとき初めて、私に向けて、
それらを解き明かす手がかりが発信されていることに気づき、
道標となる本や人に出会ったことはないだろうか。
思いを仕舞い切れず、漏れ溢れ出る声を
心の底から発したときに引き寄せる知を、
人はむさぼるように学ぶと感じる。
人が紡んできた時代とともに、
先人たちは、あらたな学問を創出し、
必要とする人々とともに切り拓き、
試行錯誤を繰り返しながら、
より大きなうねりと変え、後続世代へと受け継いでいく。

印象に残った上野さんのことばがある。
『学部生は後でどんな分野に行くか分からないので、
メタ知識を教えようと思った。
社会学とか学問そのものよりも、知識を生み出す知恵。
「モノをたくさん知ってることに意味があるんじゃない。
あなたたちは情報の消費者じゃなくて、
情報の生産者になりなさい」、
「どんな未熟な情報でもいいから、
オリジナルな情報の生産者になりなさい」と。
そして「情報の生産者になるってことは、
相手に伝わって何ぼだから、
最後のプレゼンまで、人に伝える能力まで
身に着けなさい」と言ってきました。』(本文p.103)
これは、東大で教授をされていた当時、
学部生の関わり方を質問された回答。
当事者の「わたし」を取り巻く社会は、
ことば、あるいはあらゆる表現方法を用意、準備している。
相手に伝えながら、ときに闘って勝ち取らなければならないこともある。
人それぞれ固有の違和感、悲しみ、怒りの思いを表現したとき、
つながりに遭遇する。あなたが手繰り寄せた現実が始まる。
(堀 紀美子)

*********************************************************
[発行] 特定非営利活動法人参画プラネット
名古屋市中区栄一丁目7番26号801
Tel & Fax:052-203-5171 E-mail:info@sankakudo.net
URL http://sankakudo.net
*********************************************************
メールマガジン配信解除/アドレス変更:E-mailでご連絡下さい
無断転写を禁止いたします。