バックナンバー

  • 2017/10/05 (Thu) 22:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第240号B
  • 2017/09/05 (Tue) 15:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第239号B
  • 2017/08/05 (Sat) 18:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第238号B
  • 2017/07/05 (Wed) 13:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第237号B
  • 2017/06/05 (Mon) 13:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第236号B
  • 2017/05/05 (Fri) 17:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第235号B
  • 2017/04/05 (Wed) 13:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第234号B
  • 2017/03/05 (Sun) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第233号B
  • 2017/02/05 (Sun) 21:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第232号B
  • 2017/01/05 (Thu) 15:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第231号B
  • 2016/12/05 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第230号B
  • 2016/11/05 (Sat) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第229号B
  • 2016/10/05 (Wed) 23:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第228号B
  • 2016/09/05 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第227号B
  • 2016/08/05 (Fri) 09:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第226号B
  • 2016/07/05 (Tue) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第225号B
  • 2016/06/05 (Sun) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第224号B
  • 2016/05/05 (Thu) 15:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第223号B
  • 2016/04/05 (Tue) 13:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第222号B
  • 2016/03/05 (Sat) 01:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第221号B
  • 2016/02/27 (Sat) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第220号B
  • 2016/02/05 (Fri) 09:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第219号B
  • 2016/01/30 (Sat) 09:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第218号B
  • 2016/01/05 (Tue) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第217号B
  • 2015/12/05 (Sat) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第216号B
  • 2015/11/05 (Thu) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第215号B
  • 2015/10/05 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第214号B
  • 2015/09/05 (Sat) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第213号B
  • 2015/08/05 (Wed) 13:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第212号B
  • 2015/07/06 (Mon) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第211号B
  • 2015/06/05 (Fri) 15:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第210号B
  • 2015/05/05 (Tue) 22:50
    プラネットクラブ★メールマガジン第209号B
  • 2015/04/05 (Sun) 23:55
    プラネットクラブ★メールマガジン第208号B
  • 2015/03/05 (Thu) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第207号B
  • 2015/02/05 (Thu) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第206号B
  • 2015/01/05 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第205号B
  • 2014/12/10 (Wed) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第204号B
  • 2014/11/10 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第203号B
  • 2014/10/10 (Fri) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第202号B
  • 2014/09/10 (Wed) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第201号B
  • 2014/08/10 (Sun) 14:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第200号B
  • 2014/07/10 (Thu) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第199号B
  • 2014/06/10 (Tue) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第198号B
  • 2014/05/05 (Mon) 10:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第197号
  • 2014/04/15 (Tue) 12:00
    プラネットクラブ★メールマガジン第196号b

プラネットクラブ★メールマガジン第240号B

2017/10/05 (Thu) 22:00
プラネットクラブ★メールマガジン第240号10月便
*********************************************************
このメールマガジンは、
NPO法人参画プラネットから名刺交換させていただいた方や
情報提供を希望されたみなさまに
お送りいたしております。
配信不要の方は、お手数ですがその旨お知らせください。
*********************************************************
実りの秋ですね。今年のあなたの実りは?

━━【目 次】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1)お知らせ:[フォーラム・イマージ]
2)お知らせ:実践研究所
3)お知らせ:ディーセント・ワーク「届ける講座」(ウィルあいちフェスタ)
4)映画、観たまんま:#31 ザ・サークル
5)ブックナビ:『また、身の下相談にお答えします』

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆1)お知らせ:[フォーラム・イマージ]

10月、11月のフォーラム・イマージの開催日をお知らせします。

開催日 10月5日、19日、11月2日、16日(木)
時間  午後1時~午後8時(開催時間内は、いつでも入退出自由)

参加費 300円(1回につき)
対象  女性のみ
会場  フォーラムイマージ(名古屋市中区栄)

主催  NPO法人参画プラネット

問合せ NPO法人参画プラネット[フォーラム・イマージ]事務局
Tel & Fax:052-203-5171
E-mail:info@sankakudo.net

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆2)お知らせ:実践研究所

各人の研究テーマを持ち寄ってゼミ形式で行う実践研究所。

日時  10月26日(木)午後6~8時
参加費 500円
会場  フォーラムイマージ(名古屋市中区栄)

主催  NPO法人参画プラネット

問合せ NPO法人参画プラネット実践研究所事務局
Tel & Fax:052-203-5171
E-mail:info@sankakudo.net
◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆3)お知らせ:ディーセント・ワーク「届ける講座」(ウィルあいちフェスタ)

人間らしく、働きたい!わたしたちのディーセント・ワーク宣言!

【プログラム】
第1部 基調講演:ワークルール(労働法)および
ディーセント・ワークの概念を学びます。

講師:渋谷典子(NPO法人参画プラネット代表理事、
   認定NPO法人ウィメンズアクションネットワーク副理事長)

第2部 ワークショップとディスカッション:

日時  11月18日(土)午前9時30分~11時45分
会場  ウィルあいち(愛知県女性総合センター)セミナールーム6
参加費 500円(資料代)

主催:NPO法人参画プラネット
共催:認定NPO法人ウィメンズアクションネットワーク(WAN)
   チーム=ディーセント・ワーク
   ウィルあいちフェスタ、あいち男女共同参画財団

申込み NPO法人参画プラネット
E-mail:sankaku@comet.ocn.ne.jp
Tel:052-203-5171

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆4)映画、観たまんま

監督も知らない、役者も知らない。
気分で選んで、観て感じたまんまをいけしゃぁしゃぁと映画評。
筆/上鵜瀬孝志
=============================
#31 ザ・サークル

“ちょっと先、数年後にはきっとこうなる”とSNS社会がもたらす危うさを予見する物語。
刺激的でわくわくさせられるが、わが身に降り掛かってくると思える人には好ましからざるサスペンスである。

今日、身の周りの至る所で監視カメラが我々を狙っている。
スマートフォンのカメラ機能もあなどれない。
そうしたカメラが超小型の、例えばピンバッヂほどで超高性能ワイヤレス、しかも写し出された映像がネットワークされて
世界中の誰もがどこでも、いつでも見ることができるようになる。さぁ、どうする?

「サークル」社は、この驚愕のカメラを開発した。
世界トップのシェアを誇る巨大SNS企業であり、現実の「グーグル」社をイメージすると展開がわかりやすい。
その「サークル」社のカリスマ経営者イーモン(トム・ハンクス)が、コーヒーカッピを手に社員の前に登壇する。
巧みな語りで、新開発カメラを利用したネットワークサービスを始めるとプレゼンテーション。
コンセプトは、世界の“透明化”。
全人類がこのサービスを利用すれことで、ひとつにつながり美しい景色や感動をシェアできる。
果ては、逃亡中の犯罪者も瞬時に探し出せテロ防止にも役立つばかりか行方不明者も容易に見つけ出せるとアピール。
そして、入社間もないメイ(エマ・ワトソン)がモデルケースとなるようイーモンに大抜擢される。
メイは、カメラを身に付け、暮らす部屋中にも設置することで、自らの24時間すべてを公開するのだ。さぁ、どうなる?

入社前のメイは、地方の水道会社で苦情処理を派遣で担当。悶々とした日々をおくっていた。
そうした彼女をみて、大学時代の親友アニーが自分が勤める「サークル」社への入社を手助け。
ところが、新サービスのリーダーに抜擢されたメイのことを素直に喜べないアニーである。
また、モデルケースの実践中にメイは、幼馴染みマーサーが鹿の角で創ったシャンデリアを自慢しようとネット配信。
善意で行ったつもりが、「鹿を殺すとは何ごとだ」といった非難を浴びせあれ、マーサーは傷つきメイと絶交。
人目を避けて身を隠す。このことが悲しい事件につながるのだが……
新サービスの“透明化”は、人類をハッピーに導くのか。

現実、誰にも止められないSNS社会の進化。
その危うさを暗示するこの作品は、平行四辺形に置き換えることで全体像が浮き彫りになる。
底辺に、メイ、アニー、マーサーの極めてアナログ的な友情関係を描き、上辺は、デジタル先端をゆく「サークル」社での華やかな日々。
ふたつの斜辺のひとつが、SNS社会のが孕む脅威、もう片方が、SNSを利用する者への警告。
斜辺が傾くほど、四辺形はつぶれ、つまり未来はSNS社会を支えきれなくされてしまう。
その結果はどうなるのか、ちょっと先、数年後にきっと答が出るだろう。

さておき、二大ハリウッドスターがいる「サークル」社は、エンターテイメントのパワーあふれる会社でもある。

2017.9.19試写

2017年11月10日(金)TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか、全国ロードショー 名古屋/ミッドランドスクエア シネマほか
*************************************************************
上鵜瀬孝志
ホームページ http://kamiuse.com/
ブログ1「映画、観たまんま」 http://eiga2015.kamiuse.com/
ブログ2「言葉の揚げ足取り」http://kotoba2015.kamiuse.com/
*************************************************************

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆5)ブックナビ:『また、身の下相談にお答えします』
======================
『また、身の下相談にお答えします』
上野千鶴子 著
(朝日新聞出版 2017年9月発行)
======================
夫婦関係、親子関係、人と関係のあるところ、
つまり人間関係には悩みがつきもの。
人生のスパイスのごとく、其処ら中振りまかれている。
スパイスは、適度な刺激をもたらす要素。

人生の展開にちょうどよい酸っぱさや辛さを振りかけてくれている。
人生の酸いも甘いも噛み分けた社会学者、上野さんが大鉈を振るう。
これがまた、よく切れるから、
お悩み相談、上野さんを指名するファンが着々と増えているそう。
みなさま、覚悟はいいですか?と言わんばかりの名回答。

『なのに、回答とはおそろしいものです。
「ワタシ」について何も語らなくても、回答は回答者の生き方、
人生観、価値や好みについてまで赤裸々に語ってしまいます。
是非善悪の判断、やってよいこととやらないほうがよいこと、
おすすめできることとおすすめできないこと・・・のなかに、
「ワタシ」の器がイヤも応もなくあらわれてしまいます。
そう思えば、月に一回、全国670万読者に「ワタシ」を曝すこの連載は、
おそるべきものかもしれません。』(あとがきp.278)

上野さんの著書を読んだことのない方が、この身の下相談にふれて、
素の上野さんを感じ、あらたな読者になられた方も多いのでは?
回答の端々に社会学者としてのデータと経験知が溢れ出る。
ふらふらと、よろめきそうになるチカラで背中をグンと押される。
「うん、うん」と心がうなずく。
また、身の下相談をするあなたが、
ちょっと前のあなたより心豊かになって人生を歩んでいる。
回答は、「上野さん」、ご指名で。
(堀 紀美子)

*********************************************************
[発行] 特定非営利活動法人参画プラネット
名古屋市中区栄一丁目7番26号801
Tel & Fax:052-203-5171 E-mail:info@sankakudo.net
URL http://sankakudo.net
*********************************************************
メールマガジン配信解除/アドレス変更:E-mailでご連絡下さい
無断転写を禁止いたします。