Vol. 041 2022年 5月 2日
当センターの活動状況をいち早くお届けします。賛助員をはじめ当センター関係者、関係の団体・企業の方々、ニュースレター送付をご希望いただいた方々及び技能訓練に関して登録いただいたアドレスにお送りしています。

【 目次 】

1. 2022年度事業計画及び収支予算

2. 2022年度開発途上国船員養成事業の研修生募集

3. スキーム合同面談会参加企業申込状況

4. 2022年度技能訓練が開始しました!

5. めざせ!海技者セミナーの開催

6. お知らせ

(1)現在募集中の技能訓練

(2)新着船員求人情報


【 賛助員さんご紹介コーナー 】

  三洋海事株式会社様


1.2022年度事業計画及び収支予算
3月の当センター理事会及び評議員会において、 2022年度事業計画及び 収支予算が承認されました。
これらの事業は、国庫補助金(国土交通省、厚生労働省)、公益財団法人日本海事センター補助金のほか、関係団体補助金、賛助会費等を活用し実施いたします。所期の成果が得られるよう、事業の遂行に努めてまいります。
主な事業は以下のとおりです。

(1)確保・育成スキーム
外航日本人船員(海技者)確保・育成スキームの2022年度合同面談会は、以下の日程で2年ぶりに対面形式で実施することとしています。また、会場に参加できない人を対象にオンライン形式の面談も行います。
訓練生は、10月の入学式の後、10月から12月の間、海技大学校において座学研修を受講し、その後、乗船訓練を受けることとなります。

(2)技能訓練
国庫補助金を活用し、受講料無料の技能訓練を実施します。 2022年度の実施スケジュールは添付のとおりです。

(3)船員職業に関する情報提供
若者等に船員の仕事・船内生活等を理解してもらえるよう、パンフレット「船で働きませんか!」「Let’ s Work on Ships」を作成しました。ご入用の向きは、遠慮なく雇用促進部(kunren@secoj.com)までご連絡願います。
国土交通省による海技者セミナーや東京労働局による若者就職説明会、自衛隊援護協会による海事セミナー等、あらゆる機会を通じて船員の仕事や資格等についての情報提供を積極的に行ってまいります。

(4)承認船員養成講習
外国人船員のための承認審査及び無線講習等の2022年度計画は以下のとおりです。新型コロナウイルスの終息状況を見ながら下半期の計画を立てていくこととしています。


2.2022年度開発途上国船員養成事業の研修生募集
開発途上国船員養成事業 として、フィリピン、インドネシア及びベトナムより研修生(船員教育機関教員)の受け入れを行います。今年度の概要は次のとおりです。
 1. 募集人数
   標準コース(インドネシア・ベトナム) 6名
   上級コース(フィリピン)       6名
 2 期間
   標準コース  9月21日~10月11日
   上級コース 10月11日~11月 4日
両コースともに座学研修と乗船研修を予定しています。
昨年度は新型コロナウイルス感染症の影響によりオンラインでの研修となりましたが、今年度は日本に受け入れて実施できることを願っています。

3.スキーム合同面談会参加企業申込状況
外航日本人船員(海技者)確保・育成スキーム 2022年度合同面談会の参加船社が決定しました。2年振りに東京(6/18)、大阪(6/25)、広島(6/26)の3会場で対面式で開催いたします。
昨年度は、新型コロナの感染拡大を受けて、オンライン形式による開催で23社の企業が参加されましたが、今年度は過去最大の31社のご参加をいただくこととなり、現在、学生等参加者のエントリー受付を行っています。
合同面談会の詳細はこちら(  https://secoj.org/ )をご参照ください。

4.2022年度技能訓練が開始しました!
今年度の訓練は、4月12日開講の気仙沼での4-5級海技士研修から始まりました。
当訓練は受付開始から申込が多く、東北運輸局、気仙沼市水産振興協会、講師の皆様他のご理解及びご協力により新型コロナウィルス感染症(以下 感染症)を十分配慮した上で定員(20名)を超える人数の受け入れが可能となりました。
感染症対策により、開講式は3年連続で中止となりましたが、開講日前日の4月11日に当センター理事長及び雇用促進部長が訪問し、気仙沼及び仙台の関係の皆様に御礼を申し上げるとともに、今後の段取り等に関する打合せをいたしました。 
開講日の4月12日は、航海科26名及び機関科14名の受講生が集まり、今年度最初の訓練が始まりました。
当センターでは、引き続き関係の方々と感染症対策を徹底の上、各訓練を実施して参りますので、 当センターホームページから日程、募集要項をご確認の上、受講のご検討・お申込みを是非お願い致します。

気仙沼4-5級航海科授業風景 (受講者26名)

気仙沼4-5級機関科授業風景(受講者14名)

.めざせ!海技者セミナーの開催
現在、海技者セミナーは福岡及び東京での開催が決定しております。福岡は対面形式、東京はLIVE配信形式での開催となります。詳細につきましては各主催運輸局のホームページにて後日公開されますのでご確認ください。

めざせ!海技者セミナー in FUKUOKA
  日時:6月20日(月)10:00~16:00
  会場:AIM 3F 展示場(北九州市小倉北区浅野3-8-1)
  主催:九州運輸局
https://wwwtb.mlit.go.jp/kyushu/index.html

めざせ!海技者セミナー IN TOKYO(LIVE配信)
  日時:6月24日(金)10:00~18:00
  主催:関東運輸局
https://wwwtb.mlit.go.jp/kanto/index.html
※新型コロナウイルスの感染拡大状況によっては、中止または延期となる可能性があります。


6.お知らせ
(1)現在募集中の技能訓練
当センターの訓練は、受講料無料です。(旅費、宿泊費、食費、受験申請料、教材費、その他必要経費は自己負担です。)
訓練名をクリックすると詳細・申込画面に進みますので、マイページにログインの上、お申し込みください。雇用船員の場合は必ず船社を通してお申し込みください。皆様からのお申し込みをお待ちしております。
※新型コロナウイルスの影響で、訓練の中止又は会場の変更等を行う場合がございます。

2022年7月開催分の訓練の募集を開始しました。
(◆…申込先着順、★…締切後に抽選となります。)
第2 登録電子海図情報表示装置(ECDIS)講習(芦屋
  開催日程:7/11 ~ 7/15  申込締切:6/13(月)
第3回 STCW条約基本訓練講習(関東
  開催日程:7/13 ~ 7/14  申込締切:6/15(水)
第3 登録電子海図情報表示装置(ECDIS)講習(深江)
  開催日程:7/25 ~ 7/29  申込締切:6/27(月)
第2 海上防災訓練標準コース(横須賀)
  開催日程:7/25 ~ 7/29  申込締切:6/27(月)
 
以下の訓練は、引続き受付中です。詳細をご確認いただき、お早めにお申込みください。
  第1 海上防災訓練標準コース(横須賀)
  開催日程:6/6 ~ 6/10  申込締切:5/9(月)
第1回 STCW条約基本訓練講習(関西
  開催日程:6/7 ~ 6/8  申込締切:5/10(火)
第2 4~5級海技士(航海)研修(下関
  開催日程:6/6 ~ 7/30 (免許講習8/8~8/23)  申込締切:5/16(月)
第2 4~5級海技士(機関)研修(下関
  開催日程:6/6 ~ 7/30 (免許講習8/8~8/16)  申込締切:5/16(月)
第2回 STCW条約基本訓練講習(九州
  開催日程:6/16 ~ 6/17  申込締切:5/19(木)
第1 登録電子海図情報表示装置(ECDIS)講習(深江)
  開催日程:6/20 ~ 6/24  申込締切:5/23(月)
第1 第1級海上特殊無線技士(気仙沼
  開催日程:6/27 ~ 7/5  申込締切:6/6(月)
第1回 6級海技士(機関)研修(尾道)
  開催日程:7/14 ~ 12/20 (免許講習10/4~10/6)  申込締切:6/7(火)
  ※第一種養成講習:船員未経験者も対象にしたコースです。
   お申し込み後に尾道海技学院で選考試験を行い、合格した方が受講決定となります。

※ 先着順(◆)の訓練にお申込みいただいた方への受講決定のご連絡は、基本的に申込締切後に発出いたします。
※ 新型コロナウイルス感染防止のため、訓練受講の際は健康管理にご留意ください。また、各自マスクの持参・着用や体温測定、手洗い等、訓練実施機関がお願いする場合にはご協力をお願いいたします。(詳しくは船員トレーニングネットより各訓練の受講案内をご参照ください。)


(2)新着船員求人情報
船員求人情報ネットは、各地方運輸局のほか、民間の船員職業紹介機関に申し込まれた求人情報を幅広く集め、インターネットで検索・閲覧できるシステムです。最新の求人情報はこちら( https://jobs4seamen.net/)からご覧いただけます。


【 賛助員さんご紹介コーナー 】
当センターでは、活動趣旨にご賛同いただける方々に賛助員としてご参加いただいております。このコーナーでは、ご協力いただいている賛助員の方々をご紹介してまいります。


<< 三洋海事株式会社様 >>
当社は1957年に設立、その後、日本郵船株式会社の資本参加を経て、我が国の経済発展と共に着実に社業を発展させてまいりました。
大阪本社に加えて4つの支店(名古屋、四国、中国、東京)と5つの事務所(日本製鉄名古屋製鉄所、豊橋、神戸、今治市波方、広島)を拠点として、三河湾、伊勢湾、大阪湾、瀬戸内海の主要港に於ける船舶の離着岸援助作業、沿岸曳航作業、危険物積載船の警戒作業、巨大船・危険物積載船の進路警戒などさまざまな事業活動を行っております。
また、昨今の環境問題に対する意識の高まりから、グリーン経営認証を所得し、この認証制度に基づき、環境保全を目的とした取り組みも行っております。
弊社は現在、曳船14隻、海技者91名が在籍していますが、今後も新卒及び中途採用は継続して募集しておりますので、詳細は弊社 三洋海事株式会社ホームページ(sanyo-kaiji.com)で確認お願い致します

作業中の曳船のブリッジ風景

大型船の進路警戒作業中

【配信登録】

配信アドレスの新規ご登録は以下のページより承ります。配信アドレスの変更は、現行の配信アドレスを一旦停止いただき、新規にご登録ください。

https://w.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=secoj_s&task=regist

【配信停止】

ニュースレターの配信停止は以下のページより承ります。

https://w.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=secoj_s&task=cancel

【発行・お問い合わせ】
公益財団法人日本船員雇用促進センター 総務部(担当:斎藤光明)
東京都中央区湊1-6-11 ACN八丁堀ビル
Tel:03-3523-5990   email:  soumu@secoj.com

http://www.secoj.com