Vol. 035 2021年11月 1日
当センターの活動状況をいち早くお届けします。賛助員をはじめ当センター関係者、関係の団体・企業の方々、ニュースレター送付をご希望いただいた方々及び技能訓練に関して登録いただいたアドレスにお送りしています。


【目次】

1. スキーム2021年度生(7期生)の陸上研修が始まりました

2. 内航船におけるSTCW条約基本訓練についての取扱い

3. 船員計画雇用促進支援助成金、12月から申請受付開始

4. 働き方改革関係政省令の改正
5. お知らせ

(1)募集中の技能訓練

(2)新着船員求人情報

(3)船舶職員知識・能力審査実施状況

(4)JMETSオリジナルカレンダー販売


【 賛助員さんご紹介コーナー 】

  近海郵船株式会社様


.スキーム2021年度生(7期生)の陸上研修が始まりました

10月1日(金)より、海技大学校(兵庫県芦屋市)にて外航日本人船員(海技者)確保・育成スキーム2021年度生(7期生)11名(航海科9名、機関科2名)の陸上研修が始まりました。
海技大学校で訓練生は、三等航海士及び機関士の実務研修、英語研修、船舶保安管理者(SSO)講習、BRM/ERM訓練、ECDIS-Generic及びECDIS-Type Specific訓練等を受講します。また、10月29日(金)に訓練生の個人面談を行いました(写真)。
陸上研修は12月17日(金)まで行われ、修了後、訓練生は各受入企業の社船での乗船実習に参加し、就職を目指します。

2.内航船におけるSTCW条約基本訓練についての取扱い
このたび、国土交通省より、「近海区域及び沿海区域(限定沿海区域を除く)を航行する内航船(20トン以上の船舶に限る)に乗り組む船員」に関する、STCW条約に基づく基本訓練についての取扱いが、同省ホームページに掲載されました。
概略としては、当該訓練受講対象は、「海技免状を受有する者、航海当直部員及び危険物等取扱責任者の各資格を受有する船員」とし、次のすべての訓練を受講しなければならない旨、記載されています。
 ・個々の生存技術(生存訓練) ※5年の間に一度受講
 ・防火及び消火(消火訓練) ※5年の間に一度受講
 ・初歩的な応急手当(応急訓練)
 ・個々の安全及び社会的責任(安全社会訓練)

詳細は、下記の同省ホームページをご参照ください。
https://www.mlit.go.jp/maritime/maritime_fr4_000027.html


3.船員計画雇用促進支援助成金、12月から申請受付開始
内航船員の高齢化の進展による船員不足等に対応し、次世代を担う船員の確保育成を支援するため、「日本船舶・船員確保計画」の認定を受けた船舶運航事業者等に対し、船員計画雇用促進支援事業として助成金を支給します。
助成金はA・B・Cの3種類あり、35歳未満の船員未経験者(助成金A・Bの対象)及び35歳以上45歳未満の船員未経験者(助成金Cの対象)を船員として雇用し、育成した事業者が助成金の支給を受けることができます。
12月1日より申請受付を始めますので、下記ホームページに掲載の案内をご覧いただき、申請のご準備をお願いいたします。

  ■申請受付期間:2021年12月1日~2022年3月31日(必着)
  ■対象事業者:国土交通大臣による「日本船舶・船員確保計画」の認定を受けている事業者
http://www.secoj.com/船員雇用促進

4.働き方改革関係政省令の改正
国土交通省海事局は、10月22日、交通政策審議会海事分科会船員部会を開催し、5月に公布された海事産業強化法の施行に向け、船員法及び船員職業安定法の政省令改正案を諮問した。主な改正内容は以下のとおり。
 1)労働時間管理の適正化
 2)労働時間の範囲の見直し・明確化
 3)雇入契約の成立などに関する届け出主体の見直し
 4)適正な就業機会の確保など
 5)多様な働き方の実現
 6)時効の特則などの見直し など
同案は、12月中旬までにパブリックコメントを受け、船員部会で答申後、公布される。2)に関する事項は2023年4月に、それ以外は2022年4月に施行される予定である。2)に関しては、「船員の労務管理適正化に関するガイドライン」が策定される。

5.お知らせ
(1)現在募集中の技能訓練
当センターの訓練は、受講料無料です。(旅費、宿泊費、食費、受験申請料、教材費、その他必要経費は自己負担です。)
訓練名をクリックすると詳細・申込画面に進みますので、マイページにログインの上、お申し込みください。雇用船員の場合は必ず船社を通してお申し込みください。皆様からのお申し込みをお待ちしております。
※新型コロナウイルスの影響で、訓練の中止又は会場の変更等を行う場合がございます。

2022年1月開催分の訓練の募集を開始しました。
(◆…申込先着順、★…締切後に抽選となります。)
 ◆ 第6回 4~5級海技士(航海)研修(広島)
  開催日程:1/12 ~ 3/4 (免許講習3/14~3/23)  申込締切:12/22(水)
第6回 4~5級海技士(機関)研修(広島)
  開催日程:1/12 ~ 3/4 (免許講習3/14~3/18)  申込締切:12/22(水)
第2 船舶局無線従事者証明新規訓練(気仙沼)
  開催日程:1/14 ~ 1/16   申込締切:12/12(日)
第3回 6級海技士(航海)研修(下関)
  開催日程:1/22 ~ 1/31 (免許講習2/2~2/7)  申込締切:12/23(木)
第3回 6級海技士(機関)研修(下関)
  開催日程:1/22 ~ 1/31 (免許講習2/2~2/4)  申込締切:12/23(木)
第6 海上防災訓練標準コース(横須賀)
  開催日程:1/24 ~ 1/28  申込締切:12/26(日)
第7回 STCW条約基本訓練講習(尾道)
  開催日程:1/25 ~ 1/26  申込締切:12/26(日)
第8回 STCW条約基本訓練講習(九州)
  開催日程:1/31 ~ 2/1  申込締切:1/4(火)

以下の訓練は、引続き受付中です。詳細をご確認いただき、お早めにお申込みください。
第2 第3級海上無線通信士(東京)
  開催日程:11/23 ~ 12/8   申込締切:11/3(水)※現在キャンセル待ち受付となっております。
第8 登録電子海図情報表示装置(ECDIS)講習(深江)
  開催日程:11/29 ~ 12/3   申込締切:11/1(月)
第9 登録電子海図情報表示装置(ECDIS)講習(芦屋)
  開催日程:12/20 ~ 12/24  申込締切:11/23(火)
第5 海上防災訓練標準コース(横須賀)
  開催日程:12/20 ~ 12/24  申込締切:11/23(火)


※ 先着順(◆)の訓練にお申込みいただいた方への受講決定のご連絡は、基本的に申込締切後に発出いたします。

※ 新型コロナウイルス感染防止のため、訓練受講の際は健康管理にご留意ください。また、各自マスクの持参・着用や体温測定、手洗い等、訓練実施機関がお願いする場合にはご協力をお願いいたします。

(詳しくは船員トレーニングネットより各訓練の受講案内をご参照ください。)


(2)新着船員求人情報
船員求人情報ネットは、各地方運輸局のほか、民間の船員職業紹介機関に申し込まれた求人情報を幅広く集め、インターネットで検索・閲覧できるシステムです。最新の求人情報はこちら( https://jobs4seamen.net/)からご覧いただけます。


(3)船舶職員知識・能力審査実施状況
船舶職員知識・能力審査(承認審査)の実施状況は以下のとおりです。併せて無線講習等も実施されます。
○ 10月フィリピン(リモート) 審査中
  ■審査実施: 10月28日~11月6日
  ■証書交付: 12月10日
○ 11月ブルガリア(リモート) 受付終了
  ■審査実施: 11月22日~11月26日
  ■証書交付: 1月 7日


(4)JMETSオリジナルカレンダー販売
独立行政法人海技教育機構(JMETS)は、11月より「2022年版 JMETSオリジナルカレンダー」の販売を開始します。ご購入ご希望の向きは、以下問い合わせ先よりご注文ください。
【海技教育機構オリジナルカレンダー】
  価 格:1部800円(税込、送料別)
  サイズ:(納品時)縦26cm×横36cm、(広げた時)縦51.5cm×横36cm
  制作・販売:株式会社交文社
  注文・問い合わせ: https://www.kobunsha-print.com/contact/


【 賛助員さんご紹介コーナー 】
当センターでは、活動趣旨にご賛同いただける方々に賛助員としてご参加いただいております。このコーナーでは、ご協力いただいている賛助員の方々をご紹介してまいります。

<近海郵船株式会社様>
弊社は、日本郵船株式会社の100%子会社で、国内の生活雑貨を中心に輸送する定期船航路を運営している会社です。主にロールオン・ロールオフ船(RORO船)という、貨物を積んだトラックやシャーシ(荷台)ごと輸送する船舶を運航しています。
太平洋側、日本海側それぞれに航路を持ち、北海道から沖縄までお客様の様々なご要望に 応えるサービスを展開してきました。
1923年に日本郵船の近海部門が独立して創業して以降、弊社は様々な変遷を経て、再来年の2023年に100周年の節目を迎えます。これからも更に、安全で、環境にやさしく、よりよいサービスを展開できる企業として、成長を続けてまいります。
海技者の採用は、弊社子会社の船舶管理会社、近郵船舶管理株式会社で募集しております。
乗船勤務は、2ヶ月間乗船して1ヶ月弱休暇という配乗サイクルが一般的です。弊社の航路は、大体28時間の間に入港と出港を繰り返す少々忙しい定期便の勤務ですが、弊社RORO船サービスの一翼を担い、共に安全運航に取り組もうという仲間を望んでいます。
詳しくは、 近郵船舶管理ホームページ内採用情報をご覧ください。
※ホームページURL:https://www.kinyu-senpaku.co.jp

【常陸那珂⇔苫小牧】航路運航「まりも」2018年就航

【東京⇔大阪⇔那覇】航路運航「しゅり」2002年就航

【配信登録】

配信アドレスの新規ご登録は以下のページより承ります。配信アドレスの変更は、現行の配信アドレスを一旦停止いただき、新規にご登録ください。

https://w.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=secoj_s&task=regist

【配信停止】

ニュースレターの配信停止は以下のページより承ります。

https://w.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=secoj_s&task=cancel

【発行・お問い合わせ】
公益財団法人日本船員雇用促進センター 総務部(担当:斎藤光明)
東京都中央区湊1-6-11 ACN八丁堀ビル
Tel:03-3523-5990   email:  soumu@secoj.com

http://www.secoj.com